XM TradingのスプレッドをGMOクリック証券と比較して分かったことをシェアする

XM Tradingは海外FX業者の中ではスプレッドが狭い業者ですが、国内大手のFX業者GMOクリック証券と比較するとどうしても見劣りします。

実際に国内で90%以上の出来高を占める主要通貨ペアのスプレッドを比較した表が下記になります。

通貨ペアXMGMO
USD/JPY1.60.3
EUR/JPY2.40.5
GBP/JPY3.31.0
AUD/JPY3.40.7
EUR/USD1.70.4
GBP/USD2.21.0
AUD/USD1.80.9
EUR/AUD3.41.5

こうしてスプレッドを比較するとXMの方がかなりワイドであることが分かりますよね。例えば、USD/JPYを1万通貨取引した場合、XM:160円 GMO:30円になります。

スプレッドだけで見るとたしかにXMの方が不利ですが、最大レバレッジを考慮した場合、スプレッドの差はもはや誤差なんですよね。

スキャルピングならスプレッドの狭さは非常に重要な要素ですが、デイトレードやスイングトレードの場合、気にならない水準だと考えています。

下記の表でシミュレーションを行ってみます。

 XMGMO
預入れ金50,000円50,000円
最大レバレッジ888倍25倍
必要証拠金(※)1,240円44,000円
最大建玉数量40Lot1Lot
損益
(±1円の変動幅)
±40万円±1万円

こうして損益計算してみるとXMの圧倒的な破壊力が分かります。

※必要証拠金の計算について

USD/JPYが1ドル=110円を前提に計算しています。この時の想定元本は以下のとおり。

110円 × 10,000ドル = 1,100,000円・・・想定元本

1,100,000円 ÷ 25倍 = 44,000円・・・GMOクリック証券

1,100,000円 ÷ 888倍 = 1,239円・・・XM Trading

※1万ドル(1Lot)のポジションを持つのに必要な証拠金になります。

「預入れ金 ÷ 必要証拠金」を計算することで最大建玉数量を算出することができます。

レバレッジが高ければ高いほど必要証拠金は少ない資金で済むのでそれだけ多くのポジションを持つことができます。

このレバレッジを活かして一攫千金を掴みたい方は国内FX業者ではなく、最大レバレッジ888倍の破壊神XM Tradingで夢を掴みましょう。

 

レバレッジを掛けるリスク

レバレッジを大きく掛け過ぎと、どのような問題に直面するか考えてみます。

  • トレンドに乗ったつもりが少しの押し(戻り)でロスカットされる
  • 評価損益の変動金額が激しくて冷静な判断ができなくなる
  • 抵抗線から完璧に入ったとしても少しのノイズでロスカットされる
  • 預入れている証拠金以上に損が発生する可能性がある

私はXMで大きくレバレッジをかけてトレードしますが、特にポンドシリーズの通貨ペアはボラティリティが激しいので少しのノイズでロスカットされます。

やはり、レバレッジを掛け過ぎるとマーケットから退場するのも早いです・・・。

また、相場変動によって預入れている証拠金以上に損が発生するリスクがあります。しかし、XMはゼロカットシステムを採用しているため、預入れている証拠金以上に損することは一切ありません。

 

ゼロカットシステムがあるとレバレッジを掛けても恐怖を感じなくなるんですよね。ただ、レバレッジは麻薬みたいなもんで、しっかり資金管理を行わないとどこかのタイミングで資金がショートすると思います。

まとめ

XMのスプレッドはGMOクリック証券よりもワイドですが、ロット数を増やせばスプレッドコストは回収できます。GMOクリック証券で1Lot建てる場合、XMなら2Lot(2倍~3倍)が目安になります。

このようにスプレッドの見方を別の角度で見れば、大した差ではないことが分かったと思います。

庶民が成金になる舞台がXM Tradingにはあります。ぜひチャレンジしてみてください。

XM Tradingの公式サイトへ

アバター

小池

養分小池です。2009年にFXと出会い、2012年から本格的にFX取引を始めましたが、8年経っても未だFX取引で継続的に勝ち続けることができず、フルボッコ状態が続いています。

なかなか芽が出ない中、2017年に仮想通貨と出会いビットコインFXにもチャレンジするようになりました。

FXで勝ち続ける人はほんの一握りですが、相場に挑み続け自分なりのトレードスタイルを確立してきました。

これからFXを始める人にとって私の経験が少しでもお役に立てたらと思いブログを運営しています。

関連記事

  1. 【1日目】初日はEUR/AUDでトレード!XMで1万円から始めてどこまで増やせるか(再)チャレンジ

  2. WTI原油(オイル)を取引するならXM Tradingがおすすめ!原油の特徴も徹底解説

  3. XMのCFD徹底解説!スプレッド・レバレッジ・配当金・取引時間の詳細はこちら

  4. 【海外FX】is6comとXMのスプレッド比較|どちらがおすすめ?

  5. XM Trading(エックスエム)の特徴と口座開設・登録方法を分かりやすく解説

  6. 【XM】EURUSDのロングで-414円(3日分)のスワップポイントが地味に痛い

  7. XMゼロ(Zero)口座のスプレッド・手数料を徹底解説!使うべきトレーダーはズバリ!?

  8. XMTrading(エックスエム)の評判・口コミを徹底解説!

ボーナス・キャンペーン情報

  1. 【2020年4月】FXGTの口座開設・入金ボーナス徹底解説!最新キャンペーンはこ…
  2. 【2020年4月】海外FXのボーナスはどこが一番お得?最新のおすすめキャンペーン…
  3. 【2020年】XM Tradingの口座開設ボーナス3,000円と入金ボーナス1…

海外FX業者の口コミ・評価

  1. XMTrading(エックスエム)の評判・口コミを徹底解説!
  2. FXGTを使ってみた感想・レビューとTwitterから本音の口コミ・評価を集めま…
  3. LANDFX(ランドFX)の安全性は?使ってみた感想と口コミ・評判を徹底解説!
  4. GemForex(ゲムフォレックス)のリアルな口コミ・評判まとめ!使ってみた感想…
  5. is6com(アイエスシックスコム)のリアルな口コミ・評判まとめ!使ってみた感想…
  6. FBS(エフビーエス)のリアルな口コミ・評判まとめ!使ってみた感想を徹底解説

人気記事

PAGE TOP