おすすめ業者の口コミ情報

ビットコインのハードフォークはお金を生む錬金術なのか?

日経新聞が報じた2018年1月12日にビットコインが分裂(ハードフォーク)し、ビットコインキャッシュプラス(BCP)が誕生するようです。

ビットコインキャッシュプラスを手に入れるには、ビットコインキャッシュではなく「ビットコイン」の現物を持っている必要があります。ネーミングが紛らわしいですが、この点は注意ですね。

ビットコインキャッシュプラスが新たに生まれると言っても、そもそも仮想通貨取引所で取り扱ってくれるかどうかが大前提です。Segwit2のように延期する可能性もあり、まだ何とも言えませんね。

ビットコインキャッシュプラスは価値を持つのか

ビットコインキャッシュプラス(BCP)誕生後、一番気になるのが価値を持つかどうかですよね。価値が出るのかどうかは、さすがにマーケット判断になるので予想しても仕方ありませんが、ビットコインキャッシュ(BCH)のように一時的に値が上がって一気に崩れるような気がします。

つまり、高値を掴まされてカモられる人が続出すると予想しています。そもそもハードフォークする目的は、ブロックサイズだったりマイニングの難易度の調整だったり、さまざまな理由があります。

ただそれって開発者とマイナーの利権争いにしか過ぎないんですよね。ビットコインから生まれてくるアルトコイン達は、今後資金調達のために使われて素人がカモにされると妄想しています。

ハードフォークが自分たちにとっての錬金術だったのが、いつのまにかマイナー達の錬金術だった!なんてことにw

それでも群がるビットコイン信者たち

将来の価格は100万円を超えるかもしれません。もしかすると、1000万円を超えるかもしれません。

未来の価格は誰にも分かりませんが、ハードフォークの噂が立つたびにビットコインを買い漁る傾向が見受けられます。

需給関係で今はビットコインは買い支えられていますが、今後はハードフォークの噂が出る度に売られるかもしれませんねw

さて、ビットコインの価値は本来ブロックチェーンにあったと思います。送金手数料の安さ、送金の自由度があったビットコインネットワークは、最近マイニングの問題で送金に時間がかかっている状況です。

しかも送金手数料が銀行より高くなってきてます。そんなビットコインのどこに価値があるのか分かりませんが、盲信してビットコインを買うと痛い目に遭う可能性もあります。

いまやビットコインは、コモディティ化した投機商品です。

だからこそビットコインFXに挑戦する

90%の人が退場すると思うのでおすすめしませんが、ビットコインはレバレッジを掛けて取引できる仕組みがあります。

私はGMOコインで25倍のレバレッジ設定にしてデイトレードしています。

25倍のレバレッジに設定したからといってフルで25倍の取引をしているわけではないので、ローリスク・ローリターンを狙ったトレードもできます。つまり、コントロールさえしっかりしておけば、レバレッジ=ハイリスクとはならないと思っています。

ビットコインFXは、上昇・下落どちらの動きも利益を狙った取引ができるので、まさに投機マーケットに打ってつけのサービスです。(逆に損もあります)

私のようなデイトレーダーは、ビットコインがハードフォークしようが送金に時間がかかろうが、ボラティリティがあれば良いというスタンスなので、我こそは!という方はチャレンジしてくださいね。

関連記事

  1. ビットコインキャッシュ(BCH)の分裂前にカオス過ぎる暴騰・暴落!荒れたマーケットこそデイトレだね

  2. レンジトレードの基本とは?セリクラ来そうで来ないジラシ相場のビットコインはレンジで推移

  3. ビットコインのボラが戻ってきたか!?50万円定着で目指せ100万円

  4. これからのビットコイン相場は買い一辺倒では勝てない!本物の技術が求められる時代へ

  5. ビットコインは暴落から反発できるのか!?今後のビットコインと3月の取引を考察する

  6. ビットコインがダブルトップを作って急落!押し目買いのチャンスか!?

  7. 【12/19】警戒せよ!繰り返す。警戒せよ!ビットコインは大きな調整がくるかもしれないぞ?天井サイン…

  8. 【口コミ】仮想通貨ビットコインのメリット・デメリット

  9. ビットコイン取引所の手数料を徹底比較

XMの入金ボーナスをチェック!

BitMEXの登録はこちら

ハイレバレッジで一気に稼ぐならBitMEX

BitMEXの6ヶ月10%OFF延長

キャンペーン

人気記事

PAGE TOP