おすすめ業者の口コミ情報

  • CFD

GMOクリック証券のロスカットシステム・セーフティバルブで損切りを克服する

FXを始めると必ず壁にぶつかるのが「損切りができない」ですよね。損したくない心理からくる問題のため、損失確定したくない気持ちは至って自然だと思います。

ところが損切りできなかったために大きな損失をだしてしまったことも容易に想像できます。そこでGMOクリック証券のCFDで提供されているセーフティバルブシステムを使った損切りがいかに便利かデメリットも含め解説します。

CFDのセーフティバルブシステムは損切りが苦手な人におすすめの仕組み

ロスカットによる損失拡大を防ぐ

FXのロスカットは、証拠金維持率がある閾値を下回ったときに発動する仕組みですよね。もしもロスカットが発動するとすべての建玉が強制的に落とされてしまうため、損失確定金額も大きくなりがちです。

一方でGMOクリック証券のCFDは、建玉ごとにロスカットレートが自動で算出されます。そのため、建玉Aと建玉Bを保有していた場合、建玉Aの値洗いが悪化してロスカットが発動しても建玉Bは一緒にロスカットされることはありません。

損失確定は建玉Aのみで済むため、FXのように大やけどしない仕組みになっています。

他のポジションまで巻き込まれない

中長期スタイルで複数銘柄または複数建玉を保有して運用する場合、リスクヘッジをするために逆相関となる銘柄を選んだり、ポートフォリオを組むこともあると思います。

含み益が乗ってくれば、時間をかけて建玉をさらに保有し続けたいこともありますよね。ところがFXのように一部の建玉が足を引っ張ってロスカットが発動したら手塩にかけた建玉まで落とされてしまいます。

たらればですが、ロスカット発動後に育てた建玉を保有していたらもっと含み益が増えた状況になると本当にやりきれないです。悔しくて目も当てられないです。

また一部の建玉のせいでロスカットされてしまったポジションたちがもしもロスカットされなければ損失も減らせていた可能性もあります。GMOクリック証券のCFDならこのような問題に直面することはありません。

少し面倒な任意証拠金の積み増し

セーフティバルブシステムの面倒な点は、ロスカット幅を変更したいときに任意証拠金を積み増さないと変更できたいところです。

ロスカットレートは、その日の必要証拠金・建玉時の現金残高(受入証拠金)・最大レバレッジ・現在値を使って自動算出されます。

※CFD取引画面のインフォメーションからロスカット幅がすでに計算されているため、建玉前に確認することができます。

GMOクリック証券の会員サイトから抜粋

自動算出されたロスカットレートの幅をもう少し広げたいときは、対象建玉を指定して証拠金を積み増すことでロスカット幅を変更できるようになっていますが、私自身は逆指値でストップを入れるためあまり利用しませんでした。

FX初心者こそレバレッジが低いCFDを始めるべき

初心者はFXのようなボラティリティが高い商品でいきなりトレードを始めるのはおすすめしません。なぜなら最大25倍のレバレッジが掛けられるFXは、一気に大きく稼げるチャンスがある一方で評価損益の動きで感情が揺さぶら即退場を言い渡されるからです。

評価損が膨らんだり、含み益が増えたりすると気持ちの面で一喜一憂した経験ありませんか?

私はFX初心者の頃、資金管理なんて言葉を全く知らなかったので常に目一杯フルレバでぶんぶん振り回していました。典型的な負け組ですw

評価損益の動きでいつも一喜一憂し、恐怖心から損切りを何度も繰り返したことで資金を徐々に減らしてきました。そのあとはお決まりの自己嫌悪に陥ってましたね・・・

逆に株価指数CFDや商品CFDのレバレッジは、FXのようにレバレッジが高くないので資金効率は落ちますが、比較的安定したトレードができるようになります。なぜならレバレッジを大きく掛けられない・ボラティリティもFXと比べると低いからです。ちなみにCFDのレバレッジは下記のとおりです。

  • 株価指数CFD(日経225やNYダウ)は最大10倍
  • 商品CFD(ゴールドやWTI原油)は最大20倍
  • 株式CFD(米国株や中国株)は最大5倍
  • バラエティCFD(ETFやREIT)は最大5倍

ボラティリティに関して1点だけ注意してほしいのは、商品CFDの原油を取引するときです。この銘柄はFX以上に暴れるため、もしもチャレンジするなら小額から始めてどの時間帯に大きく動くのか、どのような要因で荒れるのか、実際に経験値を積んで感覚を磨くようにしてください。

下記の折れ線グラフは、ドル円と原油の日足を使って変動率を比べたものになります。

ドル円の約2倍以上のボラティリティがある原油は、ダマシのような動きも頻繁にあります。明確なトレンドが出ていても「ちょっと押し(戻り)が深すぎでしょ!」というくらい逆行してから順行することもよくあります。もしチャレンジするならレバレッジは抑えて取引してくださいね。

さて、CFDの人気銘柄、日経225やNYダウのレバレッジは最大10倍のため、FXの半分以下になります。例えば、日経平均が19,000円の場合、最低でも約20,000円用意しなければ取引できません。

※日経225の場合は、19,000円(建て単価)×1枚(最低取引数量)×10倍(取引単位)

もしもFXのように最大レバレッジが25倍なら取引金額の4%あればよいので、7,600円(19,000円×4%×10倍)から日経225CFDを取引できます。レバレッジが高ければ高いほど小額から取引できますが、すぐにロスカットされてしまいますよね。

しかも20,000円で1枚しか建てられないところ、25倍なら2枚まで建てられるようになるので儲けも大きくなれば、諸刃の剣と一緒で損も大きくなります。

普通の人間は損を嫌うので、損切りも避けたがります。FXの場合は、それをやってしまうとロスカットが走った瞬間すべての建玉が飛びます。

一方、自動でロスカットレートを設定してくれるセーフティバルブシステムは、ロスカットレートに達すると強制的にロスカットするため、損切りを避けたくても避けられません。しかし、落とされる建玉は限定的なので損失も抑えられます。

損切りが苦手な人は、GMOクリック証券のセーフティバルブシステムを活用すると良いかもしれませんね。

関連記事

  1. ゴールドは三角保ち合いをブレイクして上昇トレンド再開なるか!?

  2. デイトレーダーならボラティリティがある原油がおすすめ

  3. 株価指数CFD のNYダウが力強いトレンドを形成中!みんな乗り遅れるな!テクニカル分析の解説付きです…

  4. 月間売買ランキングから分かる!いま注目されてるCFD銘柄は?

  5. GMOクリック証券の米国30CFDを取引するメリット・デメリット徹底解説!

  6. 取引所CFD(くりっく株365)はおすすめしない!店頭CFDとの違いを徹底解説

  7. FXのボラティリティがないからこそ始めたいCFD

  8. マネーパートナーズのCFD取引ツールは今後の改善に期待

  9. 【口コミ】GMOクリック証券CFDのメリット・デメリット徹底解説

最新FXニュース

平日21時頃更新

BitMEXの登録はこちら

ハイレバレッジで一気に稼ぐならBitMEX

BitMEXの6ヶ月10%OFF延長

キャンペーン

人気記事

PAGE TOP