おすすめ業者の口コミ情報

  • CFD

サラリーマンが日経225を取引するならクリック証券のCFD口座がおすすめ

サラリーマンの日経225副業トレード

日経平均を取引するにあたって、サラリーマンが取引できる種類は、日経225先物(ラージ)・日経225mini・日経225CFDの3種類があります。

その中でも、サラリーマンがこれから日経225を取引するなら、ライフスタイルに合った日経225CFDが取引できる証券(CFD)口座を開設すると便利です。

その理由を私の経験談を交えて紹介します。

サラリーマンのライフスタイルに合わせられる日経225CFD

会社員として働くと、9:00~20:00の約半日を拘束されます。残業があると終電で帰宅される方もいます。このようなライフスタイルを送るサラリーマンが日経225に投資する際に最も重要なポイントが取引時間です。

日経225先物(ラージ)・日経225mini、日経225CFDは、名称が似ているものの全く異なる金融商品です。まずは、これらの違いを比べてみましょう。

日経225先物(ラージ)・日経225miniと日経225CFDの比較

項目名日経225CFD日経225mini日経225先物
取引時間8:45~翌6:159:00~15:15
16:30~翌3:00
9:00~15:15
16:30~翌3:00
必要証拠金約2万円約10万円約100万円
レバレッジ10倍15倍15倍
手数料1枚当たり3円~9円
スプレッド
1枚当たり40円1枚当たり400円
取引相対取引大阪取引所大阪取引所
呼び値1円
1枚当たり±10円
5円
1枚当たり±500円
10円
1枚当たり±10,000円
対象者初心者~中級者~上級者~
限月ルールなしありあり

※GMOクリック証券とSBI証券を比較しています

祝日でも取引可能

日経225先物と日経225miniは、祝日に取引することはできませんが、日経225CFDなら祝日でも取引することが可能です。

日本は祝日で証券市場が休みでも、欧州や米国は通常通りの営業なのでダウや原油に引きずられて日経平均も大きく動くことは多々あります。リスク観点からも祝日に取引できることは、大きなアドバンテージです。

また、米ドル/円との相関性もあり、為替の影響は無視できません。FXが24時間取引できるように日経225CFDもまた、ほぼ24時間の取引が可能です。サラリーマンにとって、24時間取引できる銘柄は、ライフスタイルに合わせたトレードができます。

少額から始められる

日経225先物と日経225CFDを取引するには、必要証拠金が定められていますが、日経225CFDなら日経225miniに対して、10分の1からトレードすることが可能です。

つまり、日経225CFDは資金効率が良いため、多額のお金を用意する必要がないのがメリットと言えます。

少額から試しに投資を始めたい方や日経225の投資に興味はあるけど、いきなり多額のお金をリスクに晒したくないという方は、初心者からでも始められるCFDがおすすめです。

なお、日経225を10枚取引したとき、100円の値動きで±1万円の損益です。大金ではないものの、日経平均の日々の値動き(ボラティリティ)なら1万円くらいコンスタントに稼ぐことも可能です。

限月を意識する必要がない

日経平均先物は、限月ルールが存在するため、期近(きぢか)までに決済しなくてはなりません。ポジションを持ち越すには、次限月の期先(きさき)に乗り換える(ロールオーバー)必要があります。

一方で日経225CFDは限月ルールが存在しないため、決済期限もありません。また、ポジションを持ち越すために特別な対応もないのです。したがって、複雑怪奇な限月ルールを覚える必要がないのでシンプルに取引することができます。

ただし、日経225CFDの場合、日経平均先物の期近と期先の価格差を「価格調整額」という形でCFD口座資金から引かれる仕組みになっています。

まとめ

サラリーマンの年間で上がる賃金水準は、役職手当が出ない限りスズメの涙です。会社員でいる以上仕方のない事かもしれませんが、現状維持のままですと将来リストラ予備軍です。

運よく定年まで勤めることができても、今の40代未満が受給できる年金額だけでは、食っていくことも厳しくなります。

将来不安を感じているなら投資技術をいち早く学び、自分で稼げる能力を身に付けなければなりません。

 

関連記事

  1. GMOクリック証券の日経225CFDを取引するメリット・デメリット徹底解説!

  2. マネーパートナーズのCFD取引ツールは今後の改善に期待

  3. 取引所CFD(くりっく株365)はおすすめしない!店頭CFDとの違いを徹底解説

  4. 原油価格が1バレル50ドル突破!

  5. デイトレーダーならボラティリティがある原油がおすすめ

  6. 2017年のNY金(ゴールド)は今後上がるの?下がるの?米国の長期金利と逆相関を描くゴールドの行方

  7. 【口コミ】GMOクリック証券CFDのメリット・デメリット徹底解説

  8. FXのボラティリティがないからこそ始めたいCFD

  9. 2016年6月7日-原油価格をテクニカル分析を使って占う

最新FXニュース

平日21時頃更新

BitMEXの登録はこちら

ハイレバレッジで一気に稼ぐならBitMEX

BitMEXの6ヶ月10%OFF延長

キャンペーン

人気記事

PAGE TOP