ロスカットの真実と本質を理解しよう

FX業者は、法的なルールに乗っ取ってロスカットの整備義務があります。

ホームページを見ると、資産を守るためにロスカットルールがあると記載していますが、果たして本当にそうなのか疑問に思ったことありませんか?

ここでは、ロスカットルールの真実と本質を理解するために、どのような仕組みで動いているのか確認してみましょう。

一般的なロスカットの説明

ロスカットに関する一般的な説明は、あなたの資産を守るために、ある一定金額の損失が発生したときにそれ以上の損失が出ないよう自動的に決済(マージンコール発動)させる仕組みが紹介してあります。

これを、表面的にとらえると、損失は自動ロスカットにより限定的に抑えられると勘違いしやすい内容となっています。

しかし、この内容は、安心させるための謳い文句であり本質ではありません。

ロスカットの真実を理解するには、必要証拠金と維持率の概念の理解が必要になるので、まずは簡単におさらいしておきましょう。

必要証拠金の計算例

必要証拠金は日々変動していることをご存知でしょうか。
例えばドル円の為替レートが1ドル=100円の場合、必要証拠金は4万円となります。
このカラクリは、金融庁の法的なルールに基づいて算出されています。

memo

1万通貨 × 100円 = 100万円

100万円の取引に必要な担保金 = 4%

100万円 × 4% = 4万円(証拠金)

100万円 ÷ 4万円 = 25倍(最大レバ)

証拠金維持率の計算例

純資産 ÷ 必要証拠金 = 証拠金維持率

tag1

10000通貨の場合
10万円 ÷ 4万円 = 250%

tag

1000通貨の場合
10万円 ÷ 4千円 = 2500%

tag

100通貨の場合
10万円 ÷ 4百円 = 25000%

ロスカットの真実

FX業者のロスカット水準は、概ね40%ほどで設定されていますが、40%の資産を必ず担保する仕組みではありません。その理由は2つあります。

相場の変動によって40%を超える場合もある

計算を単純化するために必要証拠金は固定しています。

通常時

通常は、40%の水準でロスカットされます。

ポジション必要証拠金現在レート評価損益純資産維持率
買 1万通貨@120円5万円120.00円0円10万円200%
買 1万通貨@120円5万円112.50円-7.5万円2.5万円50%
ロスカット5万円112.00円-8万円2万円40%

異常時

急激な価格変動で40%を割り込むケースもあります。

ポジション必要証拠金現在レート評価損益純資産維持率
買 1万通貨@120円5万円120.00円0円10万円200%
買 1万通貨@120円5万円112.50円-7.5万円2.5万円50%
ロスカット5万円111.00円-9万円1万円20%

このように相場変動(異常時)によってロスカット判定に利用されるプライス次第でロスカット水準40%を下回ってマージンカットが発動することも大いにあるのです。

ロスカット水準40%の意味はなんだろう

相場の動き方によって、必ずしもロスカット水準を担保するわけではないことがお分かり頂けたかと思います。

では、この水準の意味は一体何なのか考えてみましょう。

相場が大きく動き、維持率が-10%の水準でロスカットが発動したときの例です。

ポジション必要証拠金現在レート評価損益純資産維持率
買 1万通貨@120円5万円120.00円0円10万円200%
買 1万通貨@120円5万円112.50円-7.5万円2.5万円50%
ロスカット5万円109.00円-11万円-1万円-10%

※純資産が-1万円になるケース

このマイナスは、あなたが預け入れたお金以上に損失が発生したことになりますが、この穴を埋めるには、入金して解消しなくてはなりません。

一方、FX業者の視点に立ってみましょう。

もしも、あなたの純資産が-1万円となった場合、FX業者にとってこれは債権を意味します。(あなたから見ると債務です。)

債権があるということは、当然回収しないとその金額がFX業者のツケとして損失計上することになってしまいます。

つまり、ロスカット水準とはFX業者が債権を持たないための(会社を守るための)水準でもあるのです。

ロスカット水準を高めに設定しているFX業者は、債権リスクをあまり取っていないと言えます。逆に低くしているFX業者は、債権リスクを取って顧客の資金効率を上げていると判断できます。

ロスカットシステムを過信しない

自動ロスカットの仕組みを理解すれば、必ずしも資産が守られる訳ではないことが分かったと思います。

ここで大事なのは、ロスカットされない資金管理をしっかり行うことが重要となってきます。

トレードのテクニックやポジションコントロールなど覚えることはたくさんありますが、その中でも資金管理の技術ほど大切なものはありません。

アバター

小池

養分小池です。2009年にFXと出会い、2012年から本格的にFX取引を始めましたが、8年経っても未だFX取引で継続的に勝ち続けることができず、フルボッコ状態が続いています。

なかなか芽が出ない中、2017年に仮想通貨と出会いビットコインFXにもチャレンジするようになりました。

FXで勝ち続ける人はほんの一握りですが、相場に挑み続け自分なりのトレードスタイルを確立してきました。

これからFXを始める人にとって私の経験が少しでもお役に立てたらと思いブログを運営しています。

関連記事

  1. 円高の流れに乗ろう!売りから入るFXの仕組み

  2. 指値と逆指値のスリッページのからくりを暴く

  3. トレーダーの成長過程と勝てるようになるレベル

  4. 相場が上下する本質を考えよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ボーナス・キャンペーン情報

  1. 【2020年4月】FXGTの口座開設・入金ボーナス徹底解説!最新キャンペーンはこ…
  2. 【2020年4月】海外FXのボーナスはどこが一番お得?最新のおすすめキャンペーン…
  3. 【2020年】XM Tradingの口座開設ボーナス3,000円と入金ボーナス1…

海外FX業者の口コミ・評価

  1. XMTrading(エックスエム)の評判・口コミを徹底解説!
  2. FXGTを使ってみた感想・レビューとTwitterから本音の口コミ・評価を集めま…
  3. LANDFX(ランドFX)の安全性は?使ってみた感想と口コミ・評判を徹底解説!
  4. GemForex(ゲムフォレックス)のリアルな口コミ・評判まとめ!使ってみた感想…
  5. is6com(アイエスシックスコム)のリアルな口コミ・評判まとめ!使ってみた感想…
  6. FBS(エフビーエス)のリアルな口コミ・評判まとめ!使ってみた感想を徹底解説

人気記事

PAGE TOP