おすすめ業者の口コミ情報

GMOコインの現物取引と仮想通貨FXの違いとは?初心者でも分かるメリット・デメリットまとめ

GMOコインは、現物取引と最大レバレッジ10倍で取引できる仮想通貨FXの2種類が用意されています。

ここでは現物取引と仮想通貨FXの違いを解説すると共に、GMOコインで取引を始める初心者はどちらから取り組むべきか私の考えを紹介します。

現物取引と仮想通貨FXの違い

現物取引はその名の通りモノを購入する行為(スポット取引)です。例えば、ビットコイン価格を100万円とした場合、1BTC手に入れるためには100万円を用意する必要があります。お店でショッピングするのと同じと考えればイメージしやすいと思います。

一方、仮想通貨FXは差金取引と言って、証拠金を担保にレバレッジを掛けて取引できるサービスのため、差し入れたお金以上の金額で取引が可能です。

ちなみに仮想通貨FXで買ったビットコインは現物として手に入りません。また、仮想通貨FXは差金決済を必ずどこかのタイミングで行って取引を終える必要があります。

現物取引のメリット

ロスカットされない

仮想通貨FXと違って現物取引はロスカットの仕組みがないため、難しい資金管理を行う必要がなくドッシリと構えて値上がりを待つことができます。

現物取引は、常にチャートを見れない人や仕事で忙しい人が中長期スタイルでのんびり取り組みたい方におすすめです。

ハードフォークの恩恵がある

2017年はハードフォーク祭りで湧いた年でもありました。いまやメジャー通貨のビットコインキャッシュに続き、あまり見かけないビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールドなど、現物のビットコインを持っていればタダでこれらのアルトコインが手に入った時期がありました。

2018年に入ってからハードフォークの話題はほとんど見かけなくなったため、ハードフォークのメリットはほぼありませんが、現物ビットコインを持っているだけでお金が勝手に生まれる錬金術は懐かしいです。

貸し仮想通貨で金利収入を得られる

GMOコインなら現物のビットコインやリップルなど持っていれば値上がりを待つだけでなく、貸し仮想通貨サービスで金利収入による資産運用も可能です。

国内で貸し仮想通貨サービスを展開している取引所はGMOコインに加え、コインチェックとビットバンク(bitbank.cc)の3社になります。

堅実に仮想通貨を増やしたい方は、GMOコインの貸し仮想通貨サービスも検討してみてくださいね。

証拠金として利用できる

GMOコインで現物の仮想通貨を証拠金として利用できませんが、ビットフライヤー(bitFlyer)やビットメックス(BitMEX)なら現物を証拠金として充当できます。

ただ当サイトでは、ビットフライヤー(bitFlyer)ではなく、ビットメックス(BitMEX)をおすすめしています。理由は最大レバレッジの違いです。

ビットフライヤーは最大15倍ですが、ビットメックスは最大100倍までいけるため、資金効率が非常に良いです。

もしも現物を仮想通貨FXの証拠金として利用したい場合は最大レバレッジ100倍までいけるビットメックスがおすすめです。

ここから登録すると6ヵ月間手数料が10%OFFになります。

BitMEXに登録する

ちなみにGMOコインの場合は、仮想通貨を売却して日本円に換金する必要があります。

現物取引のデメリット

値下がり時は指をくわえて見ているしかない

100万円で買ったビットコインがもしも90万円になってしまった場合、資産価値として10万円失ったことになります。

安くなったら追加購入して平均取得単価を下げる考えもありますが、現物取引は値上がりしか利益を狙えないため、値下がり時はただ見ているしかありません。

そこで仮想通貨FXの出番です。仮想通貨FXならビットコインが下がっても利益を狙えるため、現物のリスクヘッジになります。

 

資金効率が悪い

ビットコイン価格が1BTC=100万円のとき、現物取引だと100万円必要ですが、GMOコインならレバレッジ10倍まで掛けられるため、1BTCを10万円で買うことができます。

お金をたくさん持っていればレバレッジを掛ける必要はありませんが、やはり効率よく稼ぐにはある程度のレバレッジが必要です。

スマホアプリは仮想通貨FXのみ

GMOコインのスマホアプリの使いやすさは、定評があります。

操作性含め、初心者でも使いやすい取引ツールですが、このアプリは仮想通貨FXのみしか利用できません。

もしも現物取引するならPCの会員サイトにログインして取引してください。

仮想通貨FXのメリット

小額からでも大金を稼げる可能性がある(資金効率がよい)

投下できるお金が少ないとリターンも少ないのが普通です。しかし、レバレッジ10倍まで掛けられるGMOコインの仮想通貨FXは、10倍のスピードでお金を稼げる可能性があります。

例えば、ビットコインが100万円→101万円に値上がりした場合、現物取引なら1万円の儲けですが、レバ10倍なら10万円の儲けになるということです。

もちろんレバレッジは諸刃の剣にもなり得るため、逆に10倍のスピードで損することもあることは認識しておいてください。

レバレッジを掛ける際は、しっかり相場環境を分析して使いどころを見極める必要があります。

ちなみにレバレッジをさらに掛けて仮想通貨FXをやりたい方は、当サイトごり押しのビットメックスがおすすめです。

 

値下がり時でも利益を狙える

2017年のビットコインは上がり続けた時期でしたが、2017年12月~2月に掛けて急激に暴落しました。この暴落時でも利益を狙えるのが仮想通貨FXの特徴です。

具体的には売りから入るとビットコインが暴落しても利益を確保できます。

仮想通貨FXのデメリット

レバレッジの掛け過ぎで大損する

多くの人が必ずやってしまうのがレバレッジの掛け過ぎです。私自身もレバレッジを掛け過ぎないように注意していますが、欲に負けて勝負所ではない場面でもレバレッジを掛け過ぎてしまうケースがあります。

勝てれば良いですが、負けたときのダメージも大きいのでいくらレバレッジを大きく掛けられるとしても、やはり2倍~3倍に抑えてトレードするのが良いです。

GMOコインなら10倍までレバレッジを掛けられますが、レバレッジを抑えればロスカットリスクがグッと下がります。

参考までに私のロスカット劇場を下記の記事で晒しておきますw

 

資金管理の技術が必要

仮想通貨FXは、証拠金維持率という概念が存在します。証拠金維持率とは、建てたポジションを維持するのに必要な水準を表しますが、GMOコインは75%を下回ってしまうと強制ロスカットが発動します。

そのため、75%を下回らないようにどの位置で取引するべきか、どれくらいの数量で取引するべきか、しっかり管理する必要があります。

特にレバレッジ10倍でポジションを持ってしまうと、すぐにロスカットされてしまうため注意しましょう。

ハードフォークの恩恵がない

もはや死語になりつつあるハードフォークですが、仮想通貨FXでビットコインを買っても現物として持つわけではないので、ハードフォークしても分裂後のアルトコインはもらえません。

もちろん取引所がハードフォークされたアルトコインを取り扱うことが前提になりますが、仮想通貨FXに関してはハードフォークの恩恵はありません。

※最近はハードフォークを聞かないため、ほぼデメリットにならないと思います。

まとめ

現物取引と仮想通貨FXにはそれぞれメリット・デメリット存在しますが、要は使い分けだと思います。

例えば、現物を買って下がったらリスクヘッジとして仮想通貨FXで売り(ショート)ポジションを持って相殺する方法もあれば、私のように仮想通貨FXだけで取引する人もいます。

ハードフォークがないなら、現物を持つ意味もないので仮想通貨FXでレバ1倍にすれば現物取引と同じように運用することも可能です。

初心者の方はいきなり仮想通貨FXから始めるよりも現物を買って中長期で取り組むのがおすすめですが、レバレッジを大きく掛けずにしっかりコントロールできるなら仮想通貨FXもありだと思います。

その際は、2~3倍ほどのレバレッジで運用して現物取引よりも少し効率を高めるくらいの気持ちでトレードしてくださいね。

関連記事

  1. GMOコインの仮想通貨FXなら現物のビットコインが暴落してもリスクヘッジできる

  2. GMOコインは初心者と小額取引におすすめの仮想通貨取引所

  3. GMOコインがレバレッジを一律5倍⇒10倍に再変更!ビットフライヤーと比較してみた

  4. GMOコインの口コミ・評判と仮想通貨FXのレバレッジ取引メリット・デメリットを徹底解説!

  5. GMOコインでリップルの仮想通貨FX開始!DMM Bitcoinのスプレッドと比較してみた

  6. リップル買うならGMOコインとビットバンク(bitbank.cc)どっちがお得?手数料とスプレッドを…

  7. 【ネタ注意】GMOコインの仮想通貨FXで神技レベルのトレードを披露したい

  8. 初心者でも分かる!GMOコインの日本円と仮想通貨の入出金方法を徹底解説

最新FXニュース

平日21時頃更新

BitMEXの登録はこちら

ハイレバレッジで一気に稼ぐならBitMEX

BitMEXの6ヶ月10%OFF延長

キャンペーン

人気記事

PAGE TOP