おすすめ業者の口コミ情報

GMOコインがレバレッジを一律5倍⇒10倍に再変更!ビットフライヤーと比較してみた

GMOコインが2018/4/25 15:00からレバレッジ一律5倍から5倍または10倍の選択方式に変更しました。

一律5倍になってからGMOコインからビットフライヤー(bitFlyer)に移った人も多かったと思いますが、私自身もその一人でした。

ところが最近になってまたSFDが発動したため、スワップ手数料を取られてしまいます。SFDを避ける方法としては、取引しない、または取引所を変えるしかありませんが、上がりそうなビットコインに対して指を加えて見ているわけにはいきませんよね。

今回GMOコインがレバレッジ10倍まで引き上げたことから私の中で再度利用したい取引所になりました。そこで改めてビットフライヤーと比較したときのGMOコインのメリット・デメリットをまとめたいと思います。

ビットフライヤーのSFDに関して、どれくらいエグイ手数料を取られるのか知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

【ルール変更】bitFlyerの価格乖離縮小を目的にしたSFD手数料を徹底解説します

レバレッジ10倍の変更方法

GMOコインの会員サイトにログインしたらトレード>仮想通貨FXの画面右下にあるレバレッジの「変更する」をリンクをクリックします。

リンクをクリックすると変更前(5倍)・変更後(10倍)が表示されるため、赤いボタンの「変更する」をクリックします。

このように「レバレッジを変更しました」が表示され下記のように10倍と表示されていればOKです。

レバレッジ10倍なら1万円から取引できる

ビットフライヤーは最大レバレッジ15倍のため、資金効率ではGMOコインの方が劣りますが、レバ10倍でも十分な水準だと考えています。

ビットコインは現状100万円くらいで推移しているため、レバ10倍なら1BTCあたり10万円の証拠金から始められます。0.1BTCなら1万円にです。

1万円チャレンジ!という企画でビットコインFXをやっている方も多いので小額スタートで始めたい方にはレバレッジの引き上げはメリットですよね。

GMOコインのスマホアプリは使いやすい

私が最も気に入っているのがスマホアプリの使いやすさです。外国為替(FX)で培ったスマホアプリのノウハウをGMOは持っているため、さすが!と言いたくなるくらいGMOコインのスマホ取引ツールは使いやすいですよね。

ビットフライヤーで取引していてもチャート確認は必ずGMOコインのスマホを使ってましたからねw

GMOコインのスマホがあればPCをわざわざ立ち上げる必要もなくなるため、手間も省けます。

GMOコインを選択肢に入れた6つの理由

GMOコインを再度使おうと思ったキッカケは、レバ10倍に引き上げられたこと、ビットフライヤーでSFDが発動したことでした。

それからビットフライヤーを使っていると下記6つのデメリットに直面し、ストレスを感じていたこともあります。

値動きが激しくなると注文を受け付けなくなり、利食い・損切りが遅れる

値動きがボラティリティとも言いますが、相場が動意づいてくるとレンジブレイクやトレンドの初動に乗れることも多々あります。

そのタイミングで入りたくてもビットフライヤーは注文を受け付けないような仕様を組み込んでいるため、「注文を受け付けられませんでした」というメッセージが表示され全く板に注文を出せません。

こうなってしまうとただ見ているだけになります。

もっと最悪なのが損切りや利食いのタイミングでこういった注文拒否が起こることです。早く決済したいのに注文できないため、どうしても遅れます。

当然損失も膨らみますし、利益も減ります。

GMOコインは連続注文は受け付けないものの、ビットフライヤーのような注文拒否はありません。まぁスプレッドは開きますけどねw

相場が荒れたとき、両社どっちがマシか?って程度ですね。

ストップ注文が発動しないため、損失が膨らむ

さすがにこれにはビビりました。

ストップ注文を入れておいても「失敗」で終わる経験ありませんか?

失敗ってなんだよwって突っ込みたくなるくらいあり得ない事象です。ビットフライヤーはこういったリスクがあることを認識するべきです。

想定の範囲内で損失を抑えるつもりが数倍の損失で終わってしまった・・・。なんてことが本当によく起こります。さすがにこういった問題に直面するとキツいです。

成行注文は必ずその瞬間の最も不利な値段でつく

ビットフライヤーの成行注文ロジックは本当にキナ臭いんですよねw

マーケットが凪状態なら良いのですが、荒れてるときに成行で発注するとその瞬間の最も不利な価格で約定がつくため、もしもビットフライヤーを利用する際は指値注文で板に出すのがおすすめです。

GMOコインの場合は、ある程度滑りますが買い・売りボタンを押したタイミングで約定を付けられるのでビットフライヤーのような変な価格で約定しない点は安心して使えます。

端数の部分約定がうざい

ビットフライヤーは小数点下8桁まであるため、端数の部分約定でそのまま未約定が続くと数量調整で計算が面倒になります。

例えば1BTCポジションを持ちたい時に、上記のような0.28999948とか部分約定され未約定のまま残ってしまうと、0.71000052を再度板に出さなければなりません。

もう面倒くさいw

GMOコインは最小単位が0.01なのでビットフライヤーのような面倒なことは起こりません。

注文出しても30秒くらい板に乗らないため、置いて行かれる

これも注文を受け付けない問題に類似しますが、相場が荒れている時に指値や成行注文を発注しても30秒ほど遅延があり、その間全く板に注文が出ません。

約定を付けようと最終取引価格(赤枠)に近いところで指値を置こうとすると板に注文が出る頃には完全に置いて行かれます。

そのため、早く利食い・損切りしたいと思ったときは、ある程度不利な価格で板に出すようにしてます。

例えば、ロングポジションを利食い(決済)するときは、板(黄色)の下の方に置くイメージです。逆にロングポジションを損切り(決済)するときは、板(青色)の上の方に置きます。

それでも約定しないリスクがあるため、その時は注文を一度取消てから再度発注し直します。ところが、取消注文が反映されるまで数十秒かかるため、この間もリスクになるのでかなりストレスです。

GMOコインの場合、スプレッドは開くもののポジションをいつでも解消できるあるため、この点はGMOコインの方が使ってて安心感がありますね。

スマホアプリで見るチャートが使えない

ビットフライヤーのスマホアプリで見るチャートが使いづらくてたまらんですw

最近は新しいアプリを出したようですが、まだテストフライトのため抽選で当選した一部の人しか公開されていません。

既存のアプリでチャートを見ようとするとスクロールするのも一苦労です。しかもトレンドラインも引けないので外出中は細かいチャート分析ができないものデメリットですね。

やはりスマホアプリはGMOコインに軍配が上がります。もちろんチャート上にトレンドラインや水平線(ホリゾンタルライン)も引けるため、どこで意識されそうか細かな分析ができるのも気に入ってます。

まとめ

ビットフライヤーの新しいスマホアプリには期待していますが、やはりSFD手数料は痛いです。

スキャルパーにとってGMOコインは厳しいかもしれませんが、デイトレやスイングなど時間軸を長めに取ってトレードする方はビットフライヤーよりGMOコインの方が使いやすいです。

 

SFD手数料が適用されてから実は海外取引所BitMEXに移る方も多いのでこちらの取引所の検討してみてくださいね。

関連記事

  1. GMOコインの仮想通貨FXなら現物のビットコインが暴落してもリスクヘッジできる

  2. GMOコインの現物取引と仮想通貨FXの違いとは?初心者でも分かるメリット・デメリットまとめ

  3. GMOコインの口コミ・評判と仮想通貨FXのレバレッジ取引メリット・デメリットを徹底解説!

  4. 初心者でも分かる!GMOコインの日本円と仮想通貨の入出金方法を徹底解説

  5. 【ネタ注意】GMOコインの仮想通貨FXで神技レベルのトレードを披露したい

  6. GMOコインでリップルの仮想通貨FX開始!DMM Bitcoinのスプレッドと比較してみた

  7. GMOコインは初心者と小額取引におすすめの仮想通貨取引所

  8. リップル買うならGMOコインとビットバンク(bitbank.cc)どっちがお得?手数料とスプレッドを…

最新FXニュース

平日21時頃更新

BitMEXの登録はこちら

ハイレバレッジで一気に稼ぐならBitMEX

BitMEXの6ヶ月10%OFF延長

キャンペーン

人気記事

PAGE TOP