おすすめ業者の口コミ情報

  • CFD

GMOクリック証券のCFD取引ツールは使いやすい

GMOクリック証券の取引ツールは、競合他社と比較して、圧倒的に使いやすいと私は感じています。ここでは、機能性や操作性など、私の主観ですが簡単にまとめました。

PC取引ツール

GMO-CFD-Web取引
こちらは、WEBブラウザ上で利用できるPC版取引ツールです。レートを表示する領域には、リスト型・パネル型を選択でき、好みの表示に切り替えることができます。

利用できるテクニカル指標は、単純移動平均(SMA)・指数平滑移動平均(EMA)・ボリンジャーバンド・RSIの4つのみとなっています。

4つ以外のテクニカル指標を使いたい方は、プラチナチャートを利用すると良いでしょう。

ラインは、トレンドライン・水平線(ホリゾンタルライン)・垂直線が利用できるので、ラインを使ったテクニカル分析に困ることはありません。

チャート上には、注文価格や平均建単価のラインを表示できるため、視覚的に分かりやすい環境も構築することができます。

右側には、スピード注文や指値注文を出すためのトレードボードエリアがあります。注文を出す度にトレードボードの下にあるエリアに注文履歴が残るのも分かりやすいです。

リッチクライアントのように高機能ツールではありませんが、基本的な機能は揃っているのでシンプルな取引ツールを求めている方なら十分満足の行くツールです。

プラチナチャート

GMO-CFD-プラチナチャート
チャート分析に特化した情報系ツールです。このツールでは、プライスボード・ニュース・経済指標カレンダー・豊富なテクニカル指標が用意されています。

かなりマニアックなテクニカル指標も用意されているので、初心者~上級者全ての人に幅広く活用できるツールです。

画面レイアウトや設定情報をお気に入り登録ができるので、何度も設定する必要がありません。

私自身は、EMAとライン(トレンドライン・サポートレジスタンス)のみしか利用しませんが、シンプルに利用したい人も高度なテクニカルを利用したい人にも十分ニーズを満たしてくれます。

スマートフォンアプリ(iClickCFD)

GMOクリック証券のCFDアプリは、操作性や機能性に非常に優れ、完成度が高いです。 ※画像は、全てGMOクリック証券のホームページから抜粋しています。

ウォッチリスト

ウォッチリストは、お気に入り銘柄を登録する機能です。一度ウォッチリストに登録すればわざわざ銘柄を検索することなくリストに表示することができる便利な機能です。

ウォッチリストの背景には、チャートが表示されており、ウォッチリストからでも相場の動きが分かるようになっています。

私が登録している銘柄は、日経225・ダウ(米国30)・ドイツ30・イギリス100・上海A50・金スポット・銀スポット・原油の8銘柄です。

GMO-CFD-スマホ1
ウォッチリストから直接トレード画面やチャートに遷移することも可能です。

GMO-CFD-スマホ2
ウォッチリストから削除するときは、左にスワイプすると削除ボタンが現れます。このようにiOSの基本操作に準拠した作りになっているので、迷うことなく使うことができます。

並び替えも長押しして上下に動かすことで変更することができます。

GMO-CFD-スマホ3

ランキング

ランキング機能は、前日比(値動きの大きさ)・出来高・アクセス数にカテゴライズされており、今どのような銘柄が注目されているのか分かるようになっています。

トレードはたいてい一人で行うことが多いので、このような統計情報があると参考になります。

なお、前日比(値動きの大きさ)・出来高・アクセス数が大きくなるということは、稼げるチャンスと捉えることもできますので上手に活用していきたいところです。

GMO-CFD-スマホ4

取引

取引画面上では、取引はもちろん建玉サマリーの情報も確認することができます。もしも、新規買2枚の建玉を持っていた場合、青のボタンを押下することで決済することもできます。

私はたいてい全決済で落としますが、建玉照会から個別で落とすこともできます。

唯一の難点は、複数建玉を選択して部分決済できないことです。もしも、部分決済を行うなら1つひとつ選択して落とす必要があるので若干面倒だと感じました。

GMO-CFD-スマホ5

チャート

チャート機能は申し分ないです。足種はTick・1分足・5分足・10分足・15分足・30分足・1時間足・2時間足・4時間足・日足・週足・月足が用意されています。

チャートの種類もローソク足・ライン・バーチャートから選択することができます。 チャート上にはトレンドラインや水平線を引くことができないので、今後のアップデートに期待したいところです。

なお、チャートを横向き(ランドスケープ)にしても反応はしません。チャートの向きは縦のみとなっているので、全体を見渡したいときは、上位足を使って縮尺を狭くするなどして対応しています。

GMO-CFD-スマホ6

関連記事

  1. 株価指数CFD のNYダウが力強いトレンドを形成中!みんな乗り遅れるな!テクニカル分析の解説付きです…

  2. 過去4ヶ月のFXとCFDの取引で10万円稼げた取引手法を大公開!

  3. OPECで8年ぶりの原油減産合意で60ドル到達なるか!?

  4. マネーパートナーズのCFD取引ツールは今後の改善に期待

  5. GMOクリック証券の米国30CFDを取引するメリット・デメリット徹底解説!

  6. 取引所CFD(くりっく株365)はおすすめしない!店頭CFDとの違いを徹底解説

  7. 月間売買ランキングから分かる!いま注目されてるCFD銘柄は?

  8. 2016年6月7日-原油価格をテクニカル分析を使って占う

  9. 2017年のNY金(ゴールド)は今後上がるの?下がるの?米国の長期金利と逆相関を描くゴールドの行方

最新FXニュース

平日21時頃更新

BitMEXの登録はこちら

ハイレバレッジで一気に稼ぐならBitMEX

BitMEXの6ヶ月10%OFF延長

キャンペーン

人気記事

PAGE TOP