おすすめ業者の口コミ情報

FXTFで口座開設したら経済指標をチャート上に表示できるインジケーターを設定しよう

MT4を使い始めてまだ日は浅いですが、さっそくインジケータを設定してみました。

GMOクリック証券やDMM.com証券など独自で取引ツールを開発しているFX業者では、ニュースや経済指標を閲覧できる画面が用意されています。

一方、FXTF(FXトレードフィナンシャル)ではMT4になるため、経済指標をツール側で確認することができません。そのため、FXTFが提供する「FXTF – Calendar」というインジケータを追加する必要があります。

経済指標カレンダーのインジケーター導入方法

FXTF – Calendar をダウンロードしてMT4のインジケーターに追加するだけです。

FXTFトップ画面

FXTFにログインしたら左側にある「オリジナルツール」をクリックします。

オリジナルツールからダウンロード

FXTF – Calenar.ex4をクリックしてダウンロードします。

MT4のデータフォルダを開く

ファイル>データフォルダを開く

Indicatorsフォルダを開く

MQL4>Indicatorsフォルダを開く

FXTF – Calendar.ex4を格納する

ナビゲーターウィンドウで更新する。ナビゲーターウィンドウが表示されていない場合、メニューバーの表示> ナビゲーター から表示できます。

FXTF – Calendarを起動する

重要度に応じてフォントカラーの変更も可能

重要度はレベルに応じてフォントカラーを選べます。デフォルトは下記のとおりになっています。

  • 高:DeepPink
  • 中:Yellow
  • 低:Aqua

直近の経済指標10件がチャート下部にリスト表示され、チャート上には発表される時間帯に線が引かれるため、経済指標カレンダーを見落とすリスクがなくなります。

私の場合、経済指標カレンダーの確認漏れがよくあるので、重要な経済指標がチャート上に表示されるFXTF – Calendarはかなり便利だと感じてます。

FXTFで口座開設したら是非試してみて下さい。

関連記事

  1. XMのMT4にスワップポイントとスプレッドを表示するインジケーター

  2. XMのMT4でFXトレードしている私が使っている移動平均線のパラメータ―を紹介

  3. MT4のインジケータ―を使って指値注文をどこに出すか視覚化する

  4. 【MT4】レンジトレードに便利なインジケーター”サポート・レジスタンスゾーン”…

XMの入金ボーナスをチェック!

BitMEXの登録はこちら

ハイレバレッジで一気に稼ぐならBitMEX

BitMEXの6ヶ月10%OFF延長

キャンペーン

人気記事

PAGE TOP