おすすめ業者の口コミ情報

FXは恐い・危ないは真実なのか!?海外FXなら”追証なし”だから安心して取引できる

2019年に入ってから大きな為替変動により約9.5億円の未収金が発生したのをご存知でしょうか。

未収金とは預入れている証拠金以上に損が発生した金額を指します。例えば、100万円の証拠金を預け入れている状態で200万円の損失が発生した場合、-100万円の口座残高になります。この金額が未収金、つまり借金に該当します。

FXをこれから始める方、すでにFX取引を始めている方で追加証拠金の経験がある方は、借金を背負うリスクを常に抱えていると言っても過言ではありません。

ほとんどの人が自分は大丈夫!と思っているかもしれませんが、実際当事者になって苦しんでいる人がいることも認識しておくべきです。

ゼロカットシステムを採用していない国内FX業者を使った事例

こちらのケースはbitFlyerがシステム負荷で本来50%の維持率を切った時点でロスカットが発動するはずでした。

ところがロスカットは発動せず、操作も不能な状態が続いたそうです。そして、ロスカット発動後に証拠金がマイナス450万円になった事例です。

こういったシステムリスクの事例を見るとゼロカットシステムを持たないレバレッジ取引がいかに危険か分かりますよね。

預入れている証拠金以上に損失が発生するカラクリ

すべてのFX業者はロスカットシステムを導入しています。業者によってロスカット水準は異なりますが、だいたい50%ラインに設定しています。

例えば、USD/JPYのポジションを持ったとします。このポジションが運悪く思惑と違って逆に行った場合、含み損が発生します。含み損が大きくなればなるほど証拠金維持率も下がっていきます。

その際、ロスカット判定処理が証拠金維持率50%を下回っていないかチェックを行います。このときにマーケットの動き方でロスカット執行処理のタイミングが変わってきます。

下記のイメージ図は、通常のロスカットパターンと未収金が発生するパターンです。

システム負荷で未収金が発生するパターン

通常はロスカット水準を下回った瞬間にロスカットが即執行されますが、右側のように急激に為替変動が起きると以下の要因でロスカット執行が遅れます。

  • 大量のトランザクション(ロスカット・指値・逆指値注文)が発生する
  • 上記の約定処理でシステム負荷が発生する
  • 約定処理が大量のトランザクションをさばけずロスカットが遅れる
  • 判定されたレートよりさらに悪い(不利な)レートで約定価格がつく
  • 結果、未収金が発生する

窓開け・値飛びで未収金が発生するパターン

システム負荷の要因以外でも窓開け・値飛びによって未収金が発生するケースもあります。

こういったケースでよくあるのが世界経済に大きな影響を与えるようなニュースなど飛び込んできたときです。近年だと下記のようなものがあります。

  • リーマンショック
  • スイスフランショック
  • ギリシャショック

ちなみに当時スイスフランショックが起きたときのチャートが下記になります。

SNBがフランの上限設定を中止。スイス国立銀行(中央銀行)は、政策金利である3ヶ月物銀行間取引金利の誘導目標をマイナス0.25%⇒マイナス0.75%に引き下げると発表。

未収金が発生するとどうなるのか

未収金は口座マイナスのため、FX業者の債権(投資家側は債務)となります。投資家側は当然補填するしなければなりませんが、放っておくとFX業者側から入金催促がきます。また、金額の大きさによっては裁判等に発展するケースもあります。

株(信用取引)含めFXの追証請求は原則一括払いを求められます。

ロスカットされて大損している中でさらに追証請求って辛すぎですって・・・。

金先協会が発表している未収金状況

出所:金融先物取引業協会のモニタリング関連資料を抜粋

  • スイスフランショック時の未収金:約34億円
  • ランド円ショック時の未収金:9.2億円
  • 2019/01/03元旦明けの未収金:9.5億円

FXは恐い!危ない!は真実なのかを総括すると日本国内のFX業者を使ったときは「恐い!危ない!」は正しいと思います。

だからこそレバレッジを掛けたFX取引するなら海外FXを使うべき

海外FXはどこもゼロカットシステムを採用しており、追証が出ないため借金は一切発生しません。

FX取引で安心してレバレッジ取引をするなら大前提としてゼロカットシステムを導入しているFX業者にするべきです。

 

そして海外FX業者を使うならXMがおすすめです。私がXMを利用している理由は最大レバレッジ888倍に加えて取引するたびにロイヤリティポイントががっつりもらえるからです。

ロイヤリティポイントは下記の記事にまとめたので参考にしてください。

 

繰り返しになりますが、FXは恐い!危ない!は国内FX業者のロスカット仕様(仕組み)から来ていると思います。

結局のところ、国内FX業者のロスカットの仕組みは、自分の会社を守るためにあるだけです。ホームページ上には「あなたの資産を守るための仕組み」と誇張して書いてありますが、それは全くの嘘。

借金は怖い、でもレバレッジ掛けて一攫千金ほしい方はぜひXMにチャレンジしてみてください。庶民が成金になる舞台がXM Tradingにはあります。

XM Tradingの公式サイトへ

関連記事

  1. XM Tradingの888倍ハイレバレッジで2日目にして10万円を溶かすw

  2. XM TradingのEUR/TRY(ユーロ・トルコリラ)で78円のスワップ益獲得!

  3. XM TradingのEUR/TRY(ユーロ・トルコリラ)で233円のスワップポイント獲得!

  4. 【最短5分】XM Trading(エックスエム)の特徴と登録方法・使い方を紹介!

  5. XM TradingのスプレッドをGMOクリック証券と比較して分かったことをシェアする

  6. EUR/JPYで爆益なるか!?レバレッジ843倍を掛けた末路

  7. 【最終日】XM TradingでEUR/AUDをロング!ギャンブルトレードで3万円の利益を目指す

  8. 【XM】GBP/JPYで最小ロット&超短期トレードでチャレンジ開始

  9. 【XM Trading】おもいっきりレバレッジ掛けて億円稼ぐのは夢があるけど現実はロスカットの連発だ…

XMの入金ボーナスをチェック!

BitMEXの登録はこちら

ハイレバレッジで一気に稼ぐならBitMEX

BitMEXの6ヶ月10%OFF延長

キャンペーン

人気記事

PAGE TOP