注目の記事 PICK UP!

FXデモトレードとリアルトレードの違いを徹底解説

こんにちは、マネーログ管理人のたかむです!

今回の紹介記事は、デモトレードとリアルトレードの違いについて解説します。結論、デモトレードで勝てるようになっても本番となると思ったようにトレードできないため、効率よく経験値を積むには少額トレードでリアルトレードを始めるのがおすすめです。

ただ、何もトレードルールを設けず少額トレードから始めても遅かれ早かれ負けるので、本当にゼロベースの人はデモトレードから始めましょう。

最新のMT5でデモトレードを始めたい方はFXGTがおすすめです。

 

デモとリアルトレードの大きな違いはたった1つ

それは自身のお金かどうかです。

一生懸命働いたお金と宝くじや道端で拾ったお金を失った場合、どちらの方が精神的ダメージが大きいか想像してみてください。当然前者ですよね。お金に色はありませんが、汗水垂らして稼いだお金が一瞬で消えたら、もはや絶句です。しかし、リアルトレードはそういう世界ということをまずは知っておくべきです。

私は海外FX業者のFXGT をメインにFXやビットコイントレードをしていますが、ビットコインはボラティリティが非常に激しいため、取引ロットにもよりますが、数十万円が一瞬で消えます。(もちろんその逆なら爆益です)

そのため、デモトレードでは勝てるのにリアルトレードになると負けるというのは、自身のお金に対する執着心(精神的)が大きな要因となっています。その要因とは以下です。

  • 利益・損失に対する感情
  • プレッシャーとストレス
  • パニック・不安・怒り

利益・損失に対する感情

デモとリアルトレードで100万円儲けた時の状況を想像してみてください。デモの場合、「せっかく儲けたのにこれがリアルだったらぁぁああ」とかなりますよね(笑

一方でリアルトレードだったら「うっひょー」状態になると思います。含み益の状態だったら、何を買おうかなぁとかウキウキの未来を妄想するはずです。(私がそうでした・・・)

逆に100万円の損失を想像してみてください。デモならダメージゼロですが、これがリアルだったら・・・・

もう想像するだけで恐怖ですよね。人は損したくない、利益を失いたくなといった自己防衛的なものが働くため、利益・損失に対する感情に囚われる傾向があります。この感情こそがリアルトレードで勝てない大きな要因となります。

プレッシャーとストレス

デモならトレンドにさえ乗ればポジション放置するだけで簡単に勝てます。しかし、リアルトレードになると同じ相場状況でも全く見方が変わってきます。

もし、上手くトレンドに乗れたとしても一時的な押し目・戻りで含み益が減ってしまうと、利益を失う恐怖に囚われ、早く利食ってしまうのが人間です。

私の場合、トレンドに乗って一時的に含み益が膨らんだ時があったのですが、ビットコインのボラティリティが激しすぎて逆にロスカットされた経験があります。(この時は涙目でした)そのため、決済タイミングは絶対といった答えはありませんが、この経験から押し目・戻りが入りそうな相場雰囲気になったら一度落とすようにしています。(これは一つの考え方です)

やはり、デモとリアルではポジションに対するプレッシャーとストレスは大きく違います。取引ロットが大きな分、含み損益の変動が大きくなるため、上下動で右往左往し、往復ビンタを何度もくらったこともあります。

パニック・不安・怒り

これもよくありがちなケースですが、自分が想像していたのと違う動きを急にされたり、このまま含み損が膨らんでロスカットされたらどうしようとか、損切りによって「ざっけんなコラ!」といった状態にリアルトレードだとなります。

デモならこんな状況にはなりません。

私の場合、ハイレバでトレードするため、一瞬でお金を溶かしたときは、マウスをぶん投げて怒り狂ってました(笑

また、大きなポジションを持つと「逆行かれたどうしよう」とか常に精神状態が不安定でした。

基本的なトレード技術を身に着けよう

デモトレードは、自身のトレードルールが上手くワークするか?を確認するくらいの使い方になると思います。FXGTのデモならリアルトレードと同じレートで取引できるので、経済指標発表時のスプレッドの開きも確認できますよ。

本当にゼロベースでトレード自体初心者だったら、FXってどんな感じ?の軽い気持ちでデモトレードから始めるのがおすすめです。

FXはとにかく場数を踏み、練習あるのみです。スポーツと同じです。資金がパンク(ロスカット)しないようにしっかり資金管理を行い、相場変動によって一喜一憂しない精神的なタフさを身に着けてください。

ちなみに私はハイレバトレードによって利益・損失にほぼ動じなくなりました。(お金を得る喜び、お金を失う悲しみが麻痺した状態)

デモトレードで勝てるようになったからといってリアルトレードでも必ずしも勝てるとは限りません。そのため、リアルトレードで始める際は必ず少額トレードから始め、相場に慣れていくことが大切です。

 

たかむ

養分たかむです。2009年にFXと出会い、2012年から本格的にFX取引を始めましたが、8年経っても未だFX取引で継続的に勝ち続けることができず、フルボッコ状態が続いています。

なかなか芽が出ない中、2017年に仮想通貨と出会いビットコインFXにもチャレンジするようになりました。

FXで勝ち続ける人はほんの一握りですが、相場に挑み続け自分なりのトレードスタイルを確立してきました。

これからFXを始める人にとって私の経験が少しでもお役に立てたらと思いブログを運営しています。

関連記事

  1. 今からビットコインFXを始める!?やめておけ!お金を稼ぐなら海外FXのアフィリエイトがおすすめ

  2. おれはなぜFXで勝てないのか?原因を分析・振り返ってみた

  3. トレード手法はテクニカルだけじゃない!「ここぞ」を待つ極意と臆さず勝負をする大切さ

  4. 【Vol.2】勝てるトレーダーの思考を学ぶ

  5. 仮想通貨ビットコイン急落!押し目で拾うチャンスか考察する

  6. 【売買手法】ハイレバは博打と同じ。毎月安定的に利益を出すための運用方法を考えてみた

  7. 【初心者向け】投資の基本となる資産運用の前提と考え方を学ぼう

  8. 【Vol.1】勝てるトレーダーの思考を学ぶ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP