おすすめ業者の口コミ情報

【口コミ】仮想通貨ビットコインのメリット・デメリット

仮想通貨ビットコインってなんだか怪しくない?という時からリスクを取ってビットコインを買っていた人は、先行者利益で大きな成果を挙げました。

最近では各取引所がテレビCMを打って広告に力を入れたりニュースで話題になったりするため、社会的にも認知されてきた仮想通貨ビットコインですが、取引する上でメリットやデメリットがないのか気になりますよね。

また、2017年4月1日に日本国内で改正資金決済法が施行され法整備も整いつつある中、まだ黎明期である仮想通貨マーケットは、これからも様々な規制等が出てくる可能性もあります。

これから仮想通貨マーケットで投資する人がどのようなことを意識して取り組むべきか、ビットコイン取引を通して感じた私の感想を紹介します。

取引する上で必ず向き合うビットコイン取引のリスク

これからビットコイン取引を始める方は、下記5つのリスクを知っているのと知らないとでは、雲泥の差か出てきます。

  • 大暴騰・大暴落が起こる
  • ストップロスを入れない行為
  • システムリスク
  • ハードフォーク目的でビットコインを買うのは避けるべし
  • 税金の問題

大暴騰・大暴落が起こる

ビットコインは外国為替に比べると流動性がないため、大きな資金が入ると価格変動が激しくなります。そのため、ボラティリティが高く一気に大損するリスクがあります。

数千万、億円を稼いだ!という一部の成功者だけの情報をみると、ビットコインマーケットはチャンスしか見えなくなりますが、その反対に大損した人もたくさんいることを知っておいてください。

その大きな要因となったのが大暴騰・大暴落です。

大暴騰・大暴落と聞くと「危険」と思われるかもしれませんが、これこそがビットコインマーケットの魅力だと思います。外国為替市場(FX)に比べビットコインは大きな値動きがあるため、少ない資金で大きな利益を獲るチャンスが必ず巡ってきます。

大きな上昇トレンド時に私はレバレッジを掛けてビットコイン取引をしました。もともと数万円から始めた金額がなんと数十万円まで増え、興奮したときもありました。ところがその直後の暴落で一気に利益を吹き飛ばしてしまいました。

永遠に上がり続けるマーケットはないと改めて認識すると共に、無茶しない資金管理が非常に重要だと改めて直面した瞬間でしたね。

ストップロスは必ず入れること

上げ一辺倒の相場だったときは不要だったと思いますが、すでに週足レベルで大きな調整が入り始めてます。2018年以降のビットコインマーケットは、もしかすると史上最高値を更新するかもしれませんが、少なくても直近の動きは買えば上がる相場は終焉しました。

こういった相場の潮流を読むことは大切ですが、最も重要なのがストップロス(損切り)を入れることです。レバレッジ取引はなおさらですね。

損切りを入れなかったらロスカットが発動するようになりますが、一発の取引でいきなり資金が半分以下になることも十分あり得ます。

資金を失えば次の大きなチャンスも乗れなくなるので、まずはマーケットで生き残ることが重要です。マーケットにしぶとく生き残ることができれば、必ずビックトレンドに乗る機会が来るのでそのときが大きな利益を稼ぐチャンスです。

ボラティリティが高い分、ノイズで損切りすることも多々あるかもしれません。ただ、トレンドに乗ったら細かい損切り分(損失)は一発で吹き飛ぶくらい利益を確保できるのがビットコイン相場です。

システムリスクの対処法

仮想通貨取引所のシステムキャパシティはどこの業者もまだ脆弱の印象です。国内大手のbitFlyerですらビットコイン相場が荒れると止まったりします。

私が最も冷や汗をかいたのがZaifで信用取引しているときです。Zaifはシステムがすぐ落ちるで有名wですが、建玉に対して決済注文が出せず利益チャンスを逸したり、損切りが遅れるなど非常に怖い思いをしました。。

こういった経験からZaifで信用取引する際は、必ずストップ・リミットを入れてから注文するようにすると相場が荒れても注文が出せないシステムリスクを避けることができます。

完全にダウンしてしまった場合は神のみぞ知る・・・ですねw

ハードフォークを期待してBTCを買うと火傷するリスクがある

ビットコインから生まれたビットコインキャッシュやビットコインゴールドは、現物ビットコインを持っている人がただでもらえたアルトコインでした。

ハードフォーク(分裂)は、デジタル通貨の錬金術で棚から牡丹餅と理解していた投資家がビットコインを買い漁っていた時期もありました。

ただし、前提として取引所がハードフォーク後のアルトコインを取り扱ってもらえないと付与されません。そうするといち早くハードフォークに対応する取引所が注目されます。

その取引所が中国のBinance(バイナンス)です。

Binanceにある自分の口座に対して、ビットコインを送金すればハードフォーク後のアルトコインが付与されます。ところが最近のビットコインは送金詰まりを起こしており、手数料を高く設定しないと送金できない状況が続いています。

ちょうど一週間前は25万件ほどの送金詰まりが発生していましたが、17.7万件まで落ちてきましたね。未確認取引の現状を確認したい方は、BLOCKCHAINから確認できます。

送金詰まり問題を抱えているビットコインをハードフォーク目的で安易に買うのは避けるべきです。やはり買うならしっかり安くなったところから丁寧に拾い、ハードフォークはおまけとして捉えたほうが良いと思います。

税金の問題

仮想通貨は総合課税(所得税40%・住民税10%)のため、他の所得と合算したうえで課税されます。所得が増えれば増えるほど税率が高くなります。

一方、FX(外国為替)の場合は分離課税のため、一律20%(所得税15%・住民税5%)の税率です。しかも損失の繰越控除があり、他の先物取引と損益通算できるため、仮想通貨より税制面で有利です。

将来的にはFX同様、仮想通貨も申告分離課税に入る可能性はありますが、黎明期である仮想通貨市場は、税制面の優遇処置はおそらく数年先になるのかなと思います。

関連記事

  1. これからのビットコイン相場は買い一辺倒では勝てない!本物の技術が求められる時代へ

  2. レンジトレードの基本とは?セリクラ来そうで来ないジラシ相場のビットコインはレンジで推移

  3. 初心者が安心してビットコインを手に入れる3つの方法

  4. ビットコインの反転上昇は近い!?複数の時間足で底値のテクニカルサイン

  5. ビットコイン長者が続々と現れる中、会社員やってるのがアホらしくなる件

  6. ビットコインの変動率がやばすぎ!FXのボラティリティと徹底比較

  7. ビットコインはここから上がれるのか?bitFlyerでヨコヨコレンジのブレイクを待とう

  8. ビットコインは暴落から反発できるのか!?今後のビットコインと3月の取引を考察する

  9. ビットコインキャッシュ(BCH)の分裂前にカオス過ぎる暴騰・暴落!荒れたマーケットこそデイトレだね

最新FXニュース

平日21時頃更新

BitMEXの登録はこちら

ハイレバレッジで一気に稼ぐならBitMEX

BitMEXの6ヶ月10%OFF延長

キャンペーン

人気記事

PAGE TOP