【仮想通貨】トロン(TRX)を最大レバレッジ20倍のBitMEXで空売りを仕掛けてみる

仮想通貨市場が賑わっていた頃、トロンはかなり注目を集め爆上げしましたが、もはや全盛期から半値まで下落してます。そんなトロンをBitMEXで空売り(ショート)してみました。

トロンはBinance(バイナンス)で買うことができますが、レバレッジを掛けて取引できるのはBitMEXだけです。ここではBitMEXでトロンを取引できるメリット・デメリットを解説します。

 

 

トロン(TRON)って価値あるの?

ブロックチェーンの仕組みを使ってデジタルコンテンツの不正ダウンロードを防止したり、YouTuberなどクリエイターに投げ銭として視聴者がトロンで報酬(チップ)を支払うことができるようになると多くのサイトで解説を見かけました。

また、トロンの将来性についても熱く言及して買い煽りに近い解説記事もチラホラありますね。

しかし、現状のトロンはもはや電子クズに近い価格で推移しています。下記の日足チャートは2018年6月27日時点のものですが、暴落してます。。

マカフィーやら日本の取引所に上場やら好材料ばかり謳ってますが、私はこのまま底辺を這う電子クズになると思っています。

クリエイターを支援するコンセプトはすごく素晴らしいし、アイデアもおもしろいですが、別にトロンのプラットフォームを利用せずともiTunesなど既存のものを使えばいいじゃんと思ってしまうんですよね。思考が化石かもしれません。。

底辺をさまよう電子クズと思っているのは、勉強不足な点もありますが、「トロンってそんなクリエイターにチャンスを与えるプラットフォームなの?」と疑問符が付いてるからです。

いくらクリエイターを支援するICOだとしても、動画や音楽を視聴するユーザーに受け入れられなかったらクリエイターとして成功しないですよね。

どの解説記事読んでも腑に落ちないので、公式サイトに行ってしっかり勉強しようと思います。。

価値のないトロンはレバレッジ掛けて叩き売る

BitMEXでトロンのレバレッジ取引ができるようになったため、さっそく売りから入ってみました。

Binanceは買いからしか入れないため、流浪売りしている投資家がいるならBitMEXで売りから入るのは合理的判断と思ってます。

そんなトロンを扱ったBitMEXならではの特徴を下記にまとめてみました。

BitMEXのTRXトークンの特徴

最大レバレッジ20倍

BitMEXならトロンをレバレッジ20倍で上昇・下落どちらでも利益を狙えるため、Binanceより効率良く稼げます。

ちなみにBitMEXでレバレッジ取引する際、証拠金はビットコイン建てになります。そのため、利益も損失も全てビットコインです。

先物(限月)取引

BitMEXでトロンを取引する際は先物取引になるため、あらかじめ決済日が決まっています。直近だと9月28日 21:00です。この決済日までトロンを保有していた場合、強制的に決済されます。

先物取引のメリットは、中長期で建玉を保有してもスワップが発生しない点です。そのため、どっしり構えてトレードできるのが良いですね。

手数料

手数料は、「メイカー:-0.0500%」、「テイカー:0.2500%」となっており、メイカーならマイナス手数料が適用されるため、キャッシュバックとして還元されます。

BitMEXはトロン以外にもイーサリアム、リップル、EOSトークン、カルダノ、ビットコインキャッシュ、ライトコインなどのアルトコインを取り扱っていますが、これら全て同じ手数料率となっています。

手数料ルールは下記の記事にまとめたので参考にしてください。

 

明確な下落トレンドならリスク制限を解除するのがおすすめ

トロンのチャートを見れば明らかに下落トレンド中なのが分かりますよね。しかし、BitMEXは1回あたり最大50BTC分の発注しかできません。

お金を持っている人にとってこれじゃぁ物足りないですよね。そこでリスク制限を解除することで1回あたり最大500BTC分のトロンを発注できるようになります。

明確な下落トレンドならここぞと言わんばかりのロットで勝負したいですよね。その際はリスク制限を解除するのがおすすめです。

リスク制限に関する解説を下記の記事にまとめたので参考にしてください。

 

まとめ

BitMEXに上場してからまだ時間が経っていないため、過去チャートが見れません。トロンのチャートを分析する際は、しばらくBinanceを活用するのが良いと思います。

草コインと呼ばれる仮想通貨は、イナゴがわぁーっと集まってから暴落するのが特徴です。そんなクソコインを空売りできる取引所って投機トレーダーにとって最高の環境ですよね。

電子クズと思っているトロンをBitMEXなら空売りできるので、下落相場でも稼ぎたい方はBitMEXがおすすめです。

アバター

小池

養分小池です。2009年にFXと出会い、2012年から本格的にFX取引を始めましたが、8年経っても未だFX取引で継続的に勝ち続けることができず、フルボッコ状態が続いています。

なかなか芽が出ない中、2017年に仮想通貨と出会いビットコインFXにもチャレンジするようになりました。

FXで勝ち続ける人はほんの一握りですが、相場に挑み続け自分なりのトレードスタイルを確立してきました。

これからFXを始める人にとって私の経験が少しでもお役に立てたらと思いブログを運営しています。

関連記事

  1. BitMEXで1万円から100万円(1BTC)を目指すレバレッジ物語~1日目

  2. BitMEXのメイカー・テイカー手数料ルールを理解しないと損するから気を付けよう

  3. ビットフライヤーとBitMEX(ビットメックス)どちらがおすすめ?メリット・デメリット徹底比較

  4. BitMEXの逆指値(ストップ注文)の方法を分かりやすく解説

  5. BitMEX(ビットメックス)のリスク制限の変更方法と注意点を徹底解説!

  6. 【仮想通貨】EOS(イオス)トークン売買におすすめの取引所BitMEXでレバレッジ20倍の空売りをし…

  7. BitMEXの3つのハイレバ攻略方法!資金管理無視したら100%飛ばす物語も紹介

  8. BitMEXのレバレッジ設定に関するクロスマージンと分離マージンの考え方を学ぼう

ボーナス・キャンペーン情報

  1. 【2020年4月】FXGTの口座開設・入金ボーナス徹底解説!最新キャンペーンはこ…
  2. 【2020年4月】海外FXのボーナスはどこが一番お得?最新のおすすめキャンペーン…
  3. 【2020年】XM Tradingの口座開設ボーナス3,000円と入金ボーナス1…

海外FX業者の口コミ・評価

  1. XMTrading(エックスエム)の評判・口コミを徹底解説!
  2. FXGTを使ってみた感想・レビューとTwitterから本音の口コミ・評価を集めま…
  3. LANDFX(ランドFX)の安全性は?使ってみた感想と口コミ・評判を徹底解説!
  4. GemForex(ゲムフォレックス)のリアルな口コミ・評判まとめ!使ってみた感想…
  5. is6com(アイエスシックスコム)のリアルな口コミ・評判まとめ!使ってみた感想…
  6. FBS(エフビーエス)のリアルな口コミ・評判まとめ!使ってみた感想を徹底解説

人気記事

PAGE TOP