おすすめ業者の口コミ情報

【初心者向け】ビットコインFXのローソク足の分析方法

チャートの種類にはローソク足を始め、ラインチャートやバーチャート、平均足といった実にさまざまな足の種類が存在します。

その中でも代表的なのがローソク足です。テクニカル分析をこれから勉強しようと考えている初心者の方は、移動平均線や一目均衡表、ボリンジャーバンドといったテクニカル指標を学ぶ前にローソク足の特徴からしっかり学習していくのがおすすめです。

ローソク足を一番最初に学ぶ意義

ローソク足はビットコイン市場に参加しているトレーダーの思惑、ファンダメンタルなど全ての情報を織り込んだ結果を反映します。

24時間365日リアルタイムで動き続けるビットコインの相場状況を把握するために最も有効なアプローチがローソク足です。ローソク足の分析方法をマスターすれば相場の状況をいち早く把握できるメリットがあります。

ビットコイン市場に参加するトレーダー達は何を見てビットコインが高い・安いと判断するのでしょうか?

それは、チャート上に表示されたローソク足です。ローソク足は、過去に形成されたマーケット価格の軌跡です。そこには、大きく価格が上昇したときの高値、逆に大きく暴落したときの安値が存在します。テクニカルトレーダーはそのポイントを必ず意識して取引を行います。

ローソク足は形によってさまざまな呼び方がありますが、ここではより実践形式の解説をするため、教科書的なローソク足の説明は行いません。

大陽線・大陰線が出たとき

大陽線、大陰線はマーケットの動意が強いことを表しています。大きな上昇・下落が伴えば当然ローソク足の実体も長くなります。

ここで初心者がよくやりがちなミスが飛びつきエントリーです。例えば、下記のようなチャートです。

黄色のポイントからロング(買い)をしてから、急激に大きな下落を始めたチャートをピックアップしました。自分がエントリーした瞬間に逆行されるという経験何度もありませんか?

この動きを解説すると、次のようなシナリオを描けます。

  • 大口投機家が無理矢理買い上げる
  • その上昇に乗り遅れまいとカモトレーダーがイナゴする(群がる)
  • カモトレーダーの買い注文に大口投機家は売りをぶつける
  • 急落にビビったカモトレーダーが買いポジションを投げる(ロスカット)
  • 買いポジションの投げとロスカットで下落が加速する
  • 下落を見た投機家が売りポジションで新規に入る
  • さらに下落→下落→下落

つまり、資金量がない私たち小物投機家は、常に大口のカモ対象として見られています。そこでカモられるのを防ぐためにローソク足の形を見て判断し、大口投機家と同じ方向に合わせていくコバンザメ手法が必要になります。

※コバンザメ手法は、大口投機家にくっつくという比喩で使っています。

ヒゲを見たときの判断方法

相場状況によって判断は変わってきますが、ヒゲの長さは買い・売り意欲の強弱を教えてくれます。特にチャートポイントで出てくるヒゲは反転サインに使えたりします。

それではさっそく具体例を見ていきましょう。

左側の枠で囲ったポイントはトレーダーが意識する価格帯でした。そして、そのポイントで下ヒゲが出ているのが分かります。下落に対して強い買いが入っている証拠ですね。

また、右側の枠で囲った箇所も下ヒゲが出ています。これは、左側の価格帯が意識され買われたのが分かります。

ヒゲの出現はマーケット参加者の意欲を表すので見落とすことなく、しっかりチャートを見て判断してください。

ヒゲは下位足を使って丁寧に確認すること

ヒゲは意外と見落としがちですが、チャート分析において丁寧に確認することが大切です。例えば、日足チャートの黄色の箇所に注目してください。

なんの変哲もない下ヒゲですが、このポイントを下位足の4時間足で確認してみます。

 するとローソク足の実体で形成されていることが分かります。ここは支持線としてかなり強力に働くポイントです。全てのヒゲが必ず意識されるとは限りませんが、ポイントになりそうなヒゲは必ず意識してトレードしてください。

ローソク足の実体も意識されるポイント

意識されるポイントは、ヒゲだけでなくローソク足の実体からも反発します。いったいヒゲと実体どちらを優先するべきなの?と混乱するかもしれません。

実体とヒゲどちらで反発するかは神のみぞ知る世界ですが、予測は可能です。

こちらのチャートは下位足で見たときのローソク足です。黄色で囲った箇所は、買い需要の強さが見て取れます。そして、戻り売りの局面にも関わらず安値を更新できず、白丸の箇所で反転サインのクロスが出ました。

決め打ちでエントリーするのではなく、しっかり下位足を見て値動きを観察するとある程度予測が立つので価格がポイントに到達したら下位足を見て判断するようにしてください。

ローソク足の転換サイン

ローソク足の大きさはボラティリティやモメンタム(相場の勢い)の強さを感じ取ることができます。そしてチャートポイントでローソク足のクロスが出てきたときは転換サインです。

ここでは3つの例を用意しました。

①・②・③は、全て抵抗ポイントに差し掛かったことが共通しています。その中でも①と③は下落サインとして機能しましたが、②は逆に上昇しています。

クロスが出たからと言って必ず反転するとは限りません。反転するのか②のようにただのリトレースメント(調整)なのか、下位足を使って見極める必要があります。

②のポイントを虫眼鏡で見てみましょう。

大きく上昇したあと、小動きのレンジを経てから再上昇していきましたが、それを見極めるポイントが黄色で囲った箇所です。

強めの陽線が出たということは、買い需要が強まったことを意味するのでここはロングと判断して追随するのが正解でした。

このように売買判断を下せるのがローソク足です。まさにプライスアクションを重視した分析方法ですね。これからビットコインFXに取り組む初心者の方は、是非ローソク足の動きを使ったトレーディングから始めてみてください。

関連記事

  1. FX初心者が経験値不足を補うために必要な3つの取り組み

  2. 初心者におすすめのトレードスタイル

  3. 仮想通貨ビットコインFXのダブルボトム・ダブルトップの攻略方法

  4. 円高の流れに乗ろう!売りから入るFXの仕組み

  5. 初心者は流動性のある通貨ペアがおすすめ

  6. 指値と逆指値のスリッページのからくりを暴く

  7. 負け組のトレードにこそ儲かる答えがある

  8. 低レバレッジで運用するFXの資金管理の技術

  9. FXに挑戦する覚悟と可能性に満ちた世界

最新FXニュース

平日21時頃更新

BitMEXの登録はこちら

ハイレバレッジで一気に稼ぐならBitMEX

BitMEXの6ヶ月10%OFF延長

キャンペーン

人気記事

PAGE TOP