おすすめ業者の口コミ情報

2018年4月の月次損益はマイナス4000円で着地(泣)負けた原因はレバレッジの掛け過ぎだった

タイトル通り、2018年4月の月次損益はマイナス4000円で終わりました!

下記のグラフを見れば分かりますが、4月の中旬までは+26万円まで増やせたため、このペースなら100万円見える!と意気込んだものの4月後半から総崩れで一気にマイナスまで転落しました。

なぜマイナスの歯止めが効かず、4月後半からズルズル損失を膨らませたのか反省を込めてチャートを振り返ってみたいと思います。

ちなみにグラフを見ると収支も大きく上下しているため、全く安定していないのも分かります。この原因も合わせて振り返ってみます。

2018年4月振り返り

日足チャートを見ると綺麗な上昇トレンドであることが分かります。私が崩れ始めたところは、白枠で囲った真ん中あたりの90万円を超え始めたところです。

こんな分かりやすい上昇トレンドにも関わらずなぜ収支をプラスにできなかったのか、原因は3つあると考えました。

無駄なトレードが多かった

上にも下にもどっちつかずのレンジ相場に直面したとき、トレンドフォロー思考でエントリーを繰り返し、すぐに逆行され、損切り貧乏になってしまいました。この期間は本当に辛かった・・・。

しかもレバレッジもフルで掛けるため、損失も次第に膨らみました。

損切り貧乏に陥ってしまった原因は、大損してメンタルが不安定な状態でトレードしたことから「損失を膨らませたくない!」という負の感情が全面に出たからです。

このとき相場を休む勇気もなく、ただただポジションを持っては損切りを繰り返してしまいました。

損切り貧乏の原因はレバレッジの掛け過ぎ

明らかにレバレッジの掛け過ぎですね。

含み損に耐えられるくらいのロットに調整すれば、無駄に切ることもなかったため、5月は反省を活かし調整期間ということで1BTCをMAX値としてトレードします。(通常は3BTC~5BTC)

1BTCでもボラティリティ次第で上手くいけば月次100万円は達成可能と見てます。5月はやったるで!

トレンドに乗るのが怖かった

ヨコヨコレンジが上にブレイクし、強めのトレンドが出たとき素直にロングで乗れませんでした。

ビットコインは大きく上昇すれば一気に崩れるケースがあるため、ドカンと下げが来るイメージが常に頭にありました。

素直に乗れば爆益なのに乗れずに恐怖を感じている自分がいます。これもまたレバレッジの掛け過ぎから来ている問題ですね。

小額ロットで持っておけば損しても痛くないという感情があるため、ある程度放置ができます。そうすれば恐怖を感じずにトレンドに乗れると思うので、私にとってまずはロットを落とすことが最重要課題ですね。

まとめ

損切りができることを前提にレバレッジを大きく掛けることは私自身間違っていないと考えています。

ただレバレッジの掛け過ぎで冷静にトレードできない原因を作ってしまっている以上、絶対見直さなければいけない問題だと思います。

もう欲望との闘いですよねw

ここぞ!っていうときに大きく張ることも考えましたが、それでも1BTCまでを上限として安定重視で取り組みます。

マイナス収支は悔しい・・・。4月のトレードを猛反省し、5月は100万円を達成できるよう頑張りたいです。

ちなみに私が利用している取引所はビットフライヤーですが、日次・月次・年次損益の状態がグラフで確認できるので、相場環境と照らし合わせるとどのような時に負けやすいのか分析できるため、気に入ってます。

また、取引ツールも使いやすいので初心者の方にはおすすめの取引所です。これからビットコインFXに始める方は是非ビットフライヤーでチャレンジしてみてください。

関連記事

  1. 【初心者の挑戦】2日目~ビットコイン大暴騰で10万円稼いだトレードの紹介

  2. 【2018年6月】ビットコインFXによる収支は約▲8万円!@ビットメックス

  3. 【初心者の挑戦】bitFlyer(ビットフライヤー)のビットコインFXで3万円から100万円を目指す…

最新FXニュース

平日21時頃更新

BitMEXの登録はこちら

ハイレバレッジで一気に稼ぐならBitMEX

BitMEXの6ヶ月10%OFF延長

キャンペーン

人気記事

PAGE TOP