おすすめの取引所

過去4ヶ月のFXとCFDの取引で10万円稼げた取引手法を大公開!

負け組トレーダーの私を逆張り指標として立ち上げたサイトですが、直近過去4ヶ月の取引損益を集計したら約10万円(厳密には9.3万円)稼げていたので「どのような取引をして儲けることができたのか」「負けた取引はどのポイントで入ったのか」今後のレベルアップを図るべく振り返ってみたいと思います。

過去4ヶ月の取引損益推移

 FXCFD取引損益
2016年12月1,6505,1416,791
2017年1月000
2017年2月63016,60617,236
2017年3月-4,36773,48969,122

FXの取引損益(証跡)

CFDの取引損益(証跡)

FXの取引損益(証跡)をご覧頂くと分かると思いますが、本格的にトレードを開始したのが2017年3月からでメインはCFD(NY原油・NY金)で取引していました。

テクニカルに絶対はないことが分かる代表的な負けトレード

3/27(月)のオープニングを迎えていきなり窓開けからスタート。環境認識を行い日足のサポートラインを確認し、東京時間ということもあり、下がったところを逆張りエントリーをしました。エントリーポイントは下記のとおりです。

ところが2時間ほどで損切りさせられました。(汗

その時の心境は、「サポート帯だからダマシ入れてから反発するでしょ」と楽観的に考えていましたが、スンナリ抜けて(ブレイクして)しまいました。こんなこともありますね。

大きく獲れたパーフェクトトレード

短期的なトレンド転換を狙ったトレードです。

4時間足を見ると短期的なトレンド転換のサインが読めます。

意外と使える技術なのでトレンド転換を狙った手法を覚えておくと損はありません。ただFail(失敗)することもあるのでその時は損切りですね。

FXのトータル収益は結局マイナスだけどCFDでカバーできた

やはりFXはめちゃくちゃ難しいです。何が難しいって値動きがチョッピーなところです。レートがぴこぴこ激しく動く度に感情が揺さぶられるため、ストレスもハンパないです。

ただ私の中で成長を感じたのが、恐怖からくる損切りをしなかったことです。私の負けパターンは評価損が膨らむと、恐怖感から解放されたくてすぐに損切りをしてしまうことでした。

チャートを読み解く能力はあったので、恐怖から来る損切りを抑えることで利食いができるようになりました。その積み重ねが今回の10万に繋がったと思います。

FXだけやってたら負けてた

FXオンリーで取引している方もいますが、私は為替と商品先物(原油・貴金属)、株価指数(日経225・NYダウ)も取引します。理由は、FX以外の手段を持つことで分かりやすいマーケット(チャート)環境を選ぶことができるからです。

もしも為替がレンジで訳の分からない動きをしても、商品市場を見るとトレンドが出ていたり、分かりやすいレンジ相場のケースもあります。

3月の取引を通して学んだことは、技術だけではなくトレードする時間帯やマーケット環境の分かりやすさです。他にも大切な要素はたくさんありますが、利益になりやすいポイントは間違いなく存在すると思います。あとは経験を通して痛い目に遭いながら学んでいくしかありません。

いずれにせよ、まだCFDの口座を持っていない方は、トレード環境の選択肢を増やすためにも口座を持っておくと良いです。

関連記事

  1. 相場で稼ぐコツが分かった!マーケット心理を利用して逆張りで儲かった事例の紹介

  2. 負け組のトレードにこそ儲かる答えがある

  3. 副業FXで資産形成のスキルを磨く

  4. 初心者におすすめのトレードスタイル

  5. FXのボラティリティがないからこそ始めたいCFD

  6. 【口コミ】GMOクリック証券CFDのメリット・デメリット徹底解説

  7. 初心者のトレード手法に対する考え方と取り組み方

  8. BitMex(ビットメックス)でデモトレードから始める方法

  9. 【初心者向け】bitFlyer(ビットフライヤー)で仮想通貨レバレッジ取引の始め方と儲けるための基礎…

BitMEXの登録はこちら

ハイレバレッジで一気に稼ぐならBitMEX

BitMEXの6ヶ月10%OFF延長

PAGE TOP