おすすめの取引所

初心者でも分かる!GMOコインの日本円と仮想通貨の入出金方法を徹底解説

GMOコインの入出金手数料は何度利用しても無料のため、他の取引所と比べて無駄なコストを抑えることができます。

ここではGMOコインの入出金のやり方を初心者の方でも分かるように詳しく解説します。

仮想通貨FXを始めるには

仮想通貨FXを始めるには、まず最初に日本円を入金する必要があります。

ちなみに仮想通貨(ビットコインやリップルなど)をGMOコインに送付して預け入れしても証拠金として利用できないため、もしも証拠金として使うなら売却して日本円に換金する必要があります。

日本円の入金方法

GMOコインに日本円を入金する方法は、「即時入金」「振込入金」の2種類が用意されています。

入金する際、GMOコインの登録者と異なる本人名義で入金すると受け付けてくれないため、注意してくださいね。

即時入金

GMOコインの即時入金は、24時間いつでもリアルタイムに入金が反映されるのが大きなポイントです。しかも入金手数料が無料な点もGoodなところですね。

即時入金が利用できる金融機関は次のとおりです。

  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行

前提条件として、これらの銀行でネットバンキング口座を開設しておく必要があります。

中でもおすすめの銀行が住信SBIネット銀行です。住信SBIネット銀行は、GMOコイン以外の仮想通貨取引所でも幅広く振込手数料を無料にできます。

リンク先の記事は、住信SBIネット銀行が発行するVisaデビットカードの内容ですが、口座開設することで他行宛ての振込手数料を無料にできるので、仮想通貨取引を始める方は住信SBIネット銀行で口座開設を済ませてください。

即時入金の最低・最高入金額と受付時間は下記のとおりです。

毎月第三日曜日の午前3時~午前6時は、システムメンテナンスのため、楽天銀行および住信SBIネット銀行の即時入金が利用できない点だけ留意してください。

ちなみにスマホアプリ(ビットレ君)からも即時入金が利用できるようになったので、かなり便利になりましたね。

振込入金

振込入金の際は、「振込入金」タブをクリックして振込先の銀行名・支店名・口座番号等を確認してください。

振込手数料を無料にするために、国内為替が発生しない楽天銀行もしくは住信SBIネット銀行を利用してくださいね。

なお、振込入金した際の反映時間の目安は下記のとおりです。

土日の振込入金は、翌営業日扱いとなるので注意しましょう。

日本円の出金方法

お金を自分の銀行に出金する際は、あらかじめ出金先の銀行口座を登録しておく必要があります。登録方法は下記のとおりです。

口座情報>登録情報・変更にある出金先口座情報タブをクリックすると入力フォームが出てきます。

出金の受付時間

出金手続きを当日の17:00までに行うと、翌営業日に出金処理されます。逆に17:00を過ぎて出金依頼すると、翌々営業日に処理されるので締め時間は意識しておいてください。

出金手数料は何回利用しても無料ですが、一度に出金できる金額は最低1万円~最高1000万円になっています。ちなみに夕方17:00~18:00の1時間は、出金依頼の受付時間外となります。

仮想通貨の預入と送付方法

GMOコインが取り扱っている仮想通貨は、下記の5銘柄です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

仮想通貨の預入

預入れしたい銘柄をクリックすると預入専用アドレスが表示されるため、アドレスをコピーして手続きを行ってください。

例えば、ビットフライヤーからGMOコインにビットコインを送金する際は、下記のような手順になります。

GMOコインの預入用ビットコインアドレスをコピーする

ビットフライヤーで「コピーしたGMOコインの預入用ビットコインアドレス」に対して送付手続きを行う

たったこれだけの操作でGMOコインにビットコインを送金することができます。もちろんイーサリアムやリップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュも同じようなやり方になります。

仮想通貨の送付

GMOコインから他の取引所に仮想通貨を送付する際は、宛先リストを作成してから手続きを行います。

なお、送付できる1回あたりの数量は銘柄ごとで決められています。

銘柄単位最小送付数量最大送付数量
ビットコインBTC0.0210/日
イーサリアムETH0.120/日
ビットコインキャッシュBCH0.0210/日
ライトコインLTC0.160/日
リップルXRP504000/日

他の取引所に送付する際は、登録情報に入力した携帯電話番号に6桁の2段階認証コードが届くので、来たら赤枠の入力ボックスに認証コードを入れます。

ちなみに宛先リストは、銘柄ごとで管理できるようになっています。上記の画像は、ビットコインの宛先リストにBitMEXを登録していますが、リップルの宛先リストには何も追加していません。

つまり、銘柄ごとで取引所のアドレスを管理できるので、送付先の間違えなど未然に防げるような画面構成になっています。

一度登録した宛先リストを編集したり削除することも可能です。もしも間違えてアドレスを登録したり、宛先リスト名を変更したい場合は、宛先リストをクリックすると編集画面が表示されます。

関連記事

  1. GMOコインは初心者と小額取引におすすめの仮想通貨取引所

  2. GMOコインの仮想通貨FXなら現物のビットコインが暴落してもリスクヘッジできる

  3. 【ネタ注意】GMOコインの仮想通貨FXで神技レベルのトレードを披露したい

  4. GMOコインがレバレッジを一律5倍⇒10倍に再変更!ビットフライヤーと比較してみた

  5. GMOコインでリップルの仮想通貨FX開始!DMM Bitcoinのスプレッドと比較してみた

  6. GMOコインの口コミ・評判と仮想通貨FXのレバレッジ取引メリット・デメリットを徹底解説!

  7. リップル買うならGMOコインとビットバンク(bitbank.cc)どっちがお得?手数料とスプレッドを…

  8. GMOコインの現物取引と仮想通貨FXの違いとは?初心者でも分かるメリット・デメリットまとめ

BitMEXの登録はこちら

ハイレバレッジで一気に稼ぐならBitMEX

BitMEXの6ヶ月10%OFF延長

PAGE TOP