おすすめの取引所

GMOインターネットがビットコインで給与払いだって!?革命的な給与体系っすよ

GMOインターネットは2018年3月から社員が申請すれば給与の一部をビットコインで受け取れるようにする。GMOは仮想通貨の取引事業のほか、マイニング(採掘)事業を成長戦略の柱と位置づけている。ビットコインに対する社員の理解を深め、利用者も増やすことで事業を拡大する。

GMOの国内グループ会社の社員約4千人を対象に、給与の一部をビットコインで受け取れる制度を始める。1~10万円分の給料を控除し、その分のビットコインを支給する。

日経の記事(一部引用)ですが、いよいよ支払い通貨が選べる時代に突入したって感じですね。将来的に1000万円を超えるであろうビットコインを毎月の給料で積み立てられるため、資産運用にもなります。すげー羨ましい・・・。

ビットコインを給料で受け取るのを目的にGMOインターネットに転職する人も出てきそうな予感がします。これも優秀な人材を獲得する手段として非常に有効な取り組みだと思います。

将来的にはビットコイン以外の仮想通貨も受け取れるようになる

この分野に先進的に取り組んでいるGMOインターネットは、本格的にマイニング事業にも参戦します。GMOインターネットに続く企業も続々と現れるはずですが、こういった企業がいち早く日本円以外(仮想通貨)で給料を支払う取り組みをしていくんでしょうね。

しかも今はビットコイン以外にもイーサリアムやネム、モナコインといったコミュニティが活発で優秀なアルトコインも存在しているため、将来的にはどの仮想通貨で給料をもらうのか選べるようになるかもしれません。

また、企業が独自に発行できるトークンで給料払いも出てくると思います。トークンは株式ではないため、経営権への行使力がありません。こういった特徴を活かして経営者が上手く舵とりできれば、ICOもさらに盛り上がっていくのではないでしょうか。

ビットコインで報酬をもらえると何十倍の資産形成も可能

日本円で給料をもらうと何かしらの金融商品にお金を投資して資産運用する必要があります。一方、ビットコインで報酬をもらえるとそれ自体が資産形成に繋がるため、日本円で給料をもらうより何十倍ものリターンが期待できます。ビットコインの報酬体系は非常に良い取り組みですね。

ビットコインは発行上限が決まっているため、需要が高まれば必然と価格も上がります。しかし、日本円は中央銀行次第で発行量を増やすことも減らすこともできるため、信用面で見ると圧倒的にビットコインの方が価値が高いと考えられます。

ビットコインは「トラストレス」と呼ばれ、そもそも「信用が不要」なクリプトカレンシー(暗号通貨)です。金融緩和を続け大量に日本円を刷ってきた中央銀行ですが、長期金利が上昇し始めて国の信用が揺らげば必然と日本円の価値が下がります。

日本円の信用不安がいずれ「トラストレスのビットコイン」にマネーが流れると妄想してます。

関連記事

  1. 円高・円安を理解すればビットコインを増やす方法が見えてくる

  2. ビットコインの変動率がやばすぎ!FXのボラティリティと徹底比較

  3. 投資初心者が1万円(小額)から始めるビットコイン取引とおすすめ取引所

  4. ビットコインはここから上がれるのか?bitFlyerでヨコヨコレンジのブレイクを待とう

  5. ビットコイン取引所の手数料を徹底比較

  6. ビットコインの反転上昇は近い!?複数の時間足で底値のテクニカルサイン

  7. 【11/15】ビットコインFXの成績と売買履歴を公開中!

  8. これからのビットコイン相場は買い一辺倒では勝てない!本物の技術が求められる時代へ

  9. ビットコイン暴落!今が買い時か!?でもロスカットくらいました(笑)

BitMEXの登録はこちら

ハイレバレッジで一気に稼ぐならBitMEX

BitMEXの6ヶ月10%OFF延長

PAGE TOP