おすすめの取引所

【FX】2018年8月1週目のトータル利益は9,142円!スワップも66円獲得!YJFX→DMM.com証券に切り替えた理由も紹介する

8月1週目(1日~7日)の累積損益は、1,812円という結果になりました。

直近までは仮想通貨ビットコインFXをメインに取り組んでいましたが、7月中旬から徐々に為替に移行してます。

前日までの利益を上げられた通貨ペアはUSD/JPY・AUD/JPY・GBP/JPYの3通貨ペアです。

取引通信簿(8月)

取引通信簿とは、DMM.com証券の取引成績を閲覧できる便利なツールです。実は先月までYJFX!で取引していましたが、今月からDMMに切り替えました。(理由は後述)

実際の取引成績は下記のとおり。

銘柄数量比率をご覧頂くと分かりますが、82%がクロス円で占めています。

そして売買数量比率では、71%が売り(ショート)です。つまり、8月の1週目は売り目線で攻めていました。

利益金額比率は、USD/JPY・AUD/JPY・GBP/JPYの3通貨ペアがほぼ均等になりました。ただし、損失金額比率を見るとGBP/JPYが61%を占めています。GBP/JPYは為替の銘柄の中で、最もボラティリティのある通貨ペアです。

実はイングランド銀行(BOE)の政策金利発表後、一時的に上げてきたためショートエントリーしました。ところが同時決済注文がONになっており、入った瞬間想定外の損切りが発動。これは痛かった・・・。勉強代として高くつきました。

取引通信簿(年間)

年間の累積損益は、トータルで1,812円となっています。先月の負け分をなんとか巻き返した感じです。コツコツと利益を積み重ねられるよう精進あるのみ。

現在のポジション状況

昨日のニューヨークタイムから豪ドル円をロングしてます。昨日からホールドしているため、本日66円スワップポイントが入りました。ちなみにこのポジションがターゲット価格に到達すれば12,420円になります。

ターゲットポイントは下記のとおりです。

赤い線がロングエントリーポイントです。青い線が利食いポイントです。

2018/8/9 追記

青い線に到達する前に利食い決済しました。理由としては、上値が重くMAを割り込んできたからです。

豪ドル円は81円~84円のレンジ相場になっています。中国経済の動向次第でレンジを大きく上にブレイクする可能性もありますが、しばらくレンジが続くかもしれません。

そのため、豪ドル円のトレード戦略は「レジスタンスからは売り」、「サポートからは買い」というレンジトレードで取り組みたいと思います。

YJFX!からDMM.com証券に変えた理由(口コミ)

さて、先月までYJFX!で取引していましたが、今月からDMM.com証券に変えた理由が取引通信簿の存在と取引ツールの使いやすさです。

ちなみにスプレッドの違いはないため、コスト的には差がありません。

取引通信簿で取引成績が確認できる

私はブログ運営で勝っても負けても取引内容を公開していますが、公開するにあたってグラフチャートがあると見やすいよなぁと思っていました。そこで出会ったのがDMMの取引通信簿です。

YJFX!でも期間損益照会で取引損益を確認できましたが、DMMの取引通信簿のようなグラフチャートがないため、推移が把握できません。

取引通信簿には、銘柄比率、利益・損失比率、売買数量比率を確認できるほか、損益を折れ線グラフで確認できるのが便利です。

取引通信簿を使っていて特にデメリットを感じることはありませんが、チャートにエントリーポイントが分かるような売買分析ツールがあるとなお良し!って感じです。

スマホアプリが使いやすい

YJFX!のスマホアプリも悪くはないのですが、チャートが見づらいんですよね。それから取引までの導線の分かりづらさとx1000通貨対応によってトレードの度にストレスがかかってました。

DMMのスマホアプリも完璧とは言えませんが、チャートが見やすく取引までの導線もしっかり考えて作り込まれているため、使いやすいと感じてます。

ただデメリットとして、PCツール(DMM FX PLUS、DMM FX STANDARD)を立ち上げているときにスマホアプリを起動すると、PCツールが自動的に強制終了する仕様はなんとか改善してほしいなと思いました。

DMMのスワップポイントはイマイチ

YJFX!のスワップポイントと比較するとイマイチです。おそらくスワップポイントを抑えてスプレッドに還元する(狭くする)営業戦略なんだろうと思います。

私はデイトレーダーなのでチャート的にホールドできるとき以外、ポジションを持ち越すことはほぼありません。スワップポイントを目当てに取引する方は、トルコリラ円やメキシコペソ円など高金利通貨を導入しているマネーパートナーズがおすすめです。

マネパのスプレッドはDMMと比べるとイマイチですが、高金利通貨のスワップポイントに力を入れているFX業者のため、スイングトレードや中長期的にスワップポイントで稼ぎたい方にイチオシ業者です。

DMMはトルコリラ円を扱っていない、スプレッドが狭いので私のようなデイトレ向けのFX業者ですね。

FX(外国為替)の特徴(トレードして気付いたこと)

最近FXトレードに取り組み始めてますが、取引していて気付いたことが2つあります。

  • 勝ちやすい時間帯がある
  • 重要な経済指標前はノーポジに限る

FXのボラティリティは、欧州タイムの15:00頃から出始める特徴があります。もちろん10:30のオーストラリアの場が始まってからオージーペアの通貨が動くケースもありますけどね。

ただ東京時間よりも欧州タイムに入ってからの方が勝ちやすいと感じてます。これは自分の取引履歴から時間帯の統計データを取って今後検証する予定ですが、やはり取引する時間帯を意識することはかなり重要なテーマなんじゃないか?と思っています。

それから経済指標前は必ずポジションを清算するようにしています。経済指標の発表により、思った方向にポジションが伸びればラッキーですが、それは博打と一緒で逆に行かれた時の方が痛いので一度様子を見てから入るようにしてます。

まとめ

8月も2週目に入りましたが、この調子で利益を積み重ねられるよう頑張りたいと思います。ちなみにこのブログは、養分トレーダーの情報なので逆張り指標として是非ご活用くださいw

私と逆のポジションを取れば必ず勝てるw

そして私と同じデイトレーダーならDMM、高金利通貨で運用したい方はマネーパートナーズがおすすめです。

関連記事

  1. 【FX】8月13日は南アフリカランドの暴落で+14,710円の利益!トルコリラ円もそろそろ買いどきか…

  2. 【FX】-27,598円の実現損益達成(泣)!金利面で米ドルより見劣りする豪ドルは今後下落していくの…

  3. 【FX】デイトレードで3,888円の利益獲得!8月の運用実績はもうすぐ1万円だ

  4. 【FX】8月の2週目はプラス利益から一転▲3,268円となってしまった・・・

  5. 【FX】初日から5,656円儲けることができた!奇跡としか言えないビギナーズラック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BitMEXの登録はこちら

ハイレバレッジで一気に稼ぐならBitMEX

BitMEXの6ヶ月10%OFF延長

PAGE TOP