おすすめの取引所

リップルのレバレッジ取引を始めるならBitMEX(ビットメックス)がおすすめ!

最近ビットコインが上昇基調の中、リップルも底値から大きく反発しましたね。まだ予断を許さない状況ですが、チャートを見る限り上昇基調にあります。

さて、リップル(XRP)のレバレッジ取引といったらDMM Bitcoinが唯一国内取引所で取引可能ですが、スプレッドが広いためどうしても手数料負けしやすいのが現実です。

そこでおすすめの取引所がBitMEXです。

BitMEXでリップルを取引するメリット

最大20倍までレバレッジを掛けられる

BitMEXは銘柄ごとで最大レバレッジは異なりますが、リップルの場合は最大20倍までレバレッジを掛けて取引することができます。

リップルを取り扱っている代表的な取引所はbitbankやGMOコインですが、現物取引のみしか扱っていないためレバレッジ取引はできません。

DMM Bitcoinは最大5倍までレバレッジを掛けられますが、BitMEXに比べるとレバレッジが低いため資金効率が落ちます。

レバレッジは諸刃の剣ですが、使い方次第で大きく稼げる武器にもなります。資金管理は大切ですが、ここぞ!ってときにレバレッジを大きく掛けられる取引所はBitMEXだけです。

 

高機能チャートでテクニカル分析

BitMEXのチャートは非常に豊富な分析機能が搭載されています。

足の種類

  • バーチャート
  • ローソク足
  • 中空ローソク足
  • 平均足
  • ラインチャート
  • エリアチャート

時間軸のお気に入り設定

BitMEXが用意している時間軸は次のとおりです。

  • 1分足
  • 3分足
  • 5分足
  • 30分足
  • 1時間足
  • 2時間足
  • 3時間足
  • 4時間足
  • 6時間足
  • 8時間足
  • 12時間足
  • 日足
  • 3日足
  • 週足
  • 2週足
  • 月足

プルダウンで足の種類を開き、クリックして星マーク(お気に入り)を付けるとチャートのヘーダー部に自分がよく使う時間軸を出すことができます。

私の場合は、15分足・1時間足・4時間足・日足をメインに使うため、4種類の時間軸をヘッダー部に出しています。意外と便利な機能なのでぜひ活用してみてください。

私はローソク足をメインに使っているため十分事足りていますが、中には平均足などを使って分析する方もいます。意外とマニアックなチャートが用意されているため、幅広いテクニカルトレーダーのニーズを満たしてくれます。

テクニカル指標

インジケーターは大量にあるためここでは記載しませんが、移動平均線や一目均衡表、ボリンジャーバンド、MACD、RSIなど有名なものはしっかり用意されています。

豊富にテクニカル指標があるため、あまりマニアックなものを求めてなければ過不足ないと思います。

トレンドライン

ライン分析に欠かせないトレンドラインや水平線など、基本的な機能もしっかり用意されているのがBitMEXです。

しかも左下にあるマグネットマークをクリックしてからトレンドラインや水平ラインを引くと、高値・安値などヒゲに合わせたいときに吸着機能が働くのでラインが引きやすくなります。

こういった細かいところまでケアしているので、かなりレベルの高い取引所だなと感じてます。

トレードの振り返りにも便利

チャート上にテキストや図形、アイコンなども描画できるため、売買履歴を取るのも便利です。

私は自分のエントリーとエグジットポイントをチャート上に記録して、入った根拠やポジションを持っている時の思考をチャートに書き出して後で振り替えるようにしています。

トレーダーの成長に欠かせない作業が売買履歴を取ることですが、BitMEXのチャート機能を使えば簡単に記録を取ることができるので重宝しています。

マイナス手数料が適用される

BitMEXでリップルを取引する際、最も気になるのが手数料ですよね。BitMEXの手数料体系は少し特殊ですが、しっかり理解して取引するとかなりお得であることが分かります。

リップルの取引手数料は次のとおりです。

  • メイカー:-0.05%
  • テイカー:0.25%

指値注文を使って板に並べるだけで手数料が還元されるようになっています。逆に板の注文を食べたり成行注文すると法外な手数料を取られるのでこの点は注意です。

手数料ルールについて下記の記事でまとめましたので参考にしてください。

 

BitMEXでリップルを取引するデメリット

ビットコイン建てのジレンマ

BitMEXは日本円ではなく、ビットコインを入金して初めて取引できます。ビットコイン建てで取引するため、決済損益もビットコインになります。

もしもビットコインが下がってしまうと、その分資産価値が目減りします。この点がビットコイン建てのデメリットですね。例えば、1BTC=100万円だったのが80万円になると20万円分が毀損しますよね。

逆にビットコインとリップルはある程度相関性があるため、ビットコインが上がればリップルも上がります。結果、ビットコインの資産価値の上昇と合わせてリップルの差益も獲れます。ダブルでうはうはですw

なるべくビットコインが上昇トレンドに入ったときにBitMEXを活用するのがベストですが、今のうちにBitMEXでビットコインをかき集めておき、ビットコインが大きく値上がりしたタイミングで売却するのも一つの手です。

それからBitMEXで儲けたビットコインをGMOコインコインチェックで貸し仮想通貨(レンディング)で運用するのも効率よく稼げると思います。

注文方法によって高い手数料が適用される

テイカー手数料は0.25%となるため、板に並んでいる注文を直接食べると手数料負けします。この点は本当に気を付けて取引してください。

私は手数料の仕組みを理解しないでイーサリアムのレバレッジ取引をやった経験があります。結論からいくと、これはBitMEXの養分としてお金を差し出すことになるので、取引する前にしっかりメイカーとテイカー手数料の違いを勉強してください。

まとめ

ビットコインもリップルもまだ上昇トレンドには転じていませんが、復調傾向になりつつあります。

低迷を続けてきた仮想通貨市場は、これから間違いなく2017年のように大きな動きを見せるはずです。

国内取引所で唯一マシなビットフライヤーも最近では注文が遅れたり、値動きが出始めると注文拒否したりとTwitter上ではかなり不満も見受けられます。

注文を受け付けてくれないと損切りが遅れて余計大きなダメージを受けたり、利益が目減りするリスクも当然出てきます。(実際に経験済み)

こういった問題(リスク)に直面するとやっぱり候補として上がってくるのがBitMEXなんですよね。

BitMEXはビットフライヤーのように注文拒否や注文が遅れて入ったりしないので、かなり使いやすいですよ。是非検討してみてください。

ここから登録すると6ヵ月間手数料が10%OFFになります。

BitMEXに登録する

関連記事

  1. 【BitMEX】EOSトークンで10,890円儲かったので手法と考え方を公開する

  2. 【TradingView】BitMEXの実践取引に使えるチャートツールを徹底解説!~チャートの種類編…

  3. レバレッジ100倍!BitMEX(ビットメックス)の口コミ・評判と登録方法を徹底解説

  4. BitMEX(ビットメックス)の6ヶ月10%OFF手数料割引を延長する方法を徹底解説!

  5. BitMEXで1万円から100万円(1BTC)を目指すレバレッジ物語~1日目

  6. 【仮想通貨】EOS(イオス)トークン売買におすすめの取引所BitMEXでレバレッジ20倍の空売りをし…

  7. BitMEXのメイカー・テイカー手数料ルールを理解しないと損するから気を付けよう

  8. ビットフライヤーとBitMEX(ビットメックス)どちらがおすすめ?メリット・デメリット徹底比較

  9. 【BitMEX】ボラティリティがないときは待つというテクニカルが一番機能する話~2日目

BitMEXの登録はこちら

ハイレバレッジで一気に稼ぐならBitMEX

BitMEXの6ヶ月10%OFF延長

PAGE TOP