おすすめの取引所

【12/17】ビットコインが高すぎて買えない!という方はアルトコインにも目を向けてみよう

ビットコインの価格は225万円となっており、今から参入しようと考えている人にとってこの価格は非常に買いづらい状況ですよね。ちなみにbitFlyerのLightning FXの方は293万円まで暴騰し、12:00から約44万円も暴落してます。(下記のチャート)

順調に値を伸ばしていたためロングでホールドしていたところ、突如暴落しロスカットくらいましたw

さて、12/18(月)からシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)がいよいよビットコイン先物を上場します。上がるか下がるか分かりませんが、これからビットコイン取引を検討している人にとって安値で買えるチャンスがくるかもしれません。

ただし、ビットコインの暴落を待っている間にアルトコインの方にも目を向けてみるとチャンスが増えると思います。まずは現状のアルトコインを確認してみましょう。

ここで挙げているアルトコインは私が個人的に注目している銘柄のみピックアップしています。

イーサリアム(ETH)

まずはイーサリアムから見ていきましょう。

イーサリアムはここ数日一気に4万円ほど上げており、年内10万円が見えてきてますね。2018年はイーサリアム元年と言われてますが、今まさに注目を浴びているアルトコインです。イーサリアムはほぼすべての取引所で取り扱っているメジャーなアルトコインですが、買うなら取引所経由で調達できるZaifが一番おすすめです。

bitFlyerやcoincheckは販売所形式(割高)となっているため、お得にイーサリアムを買うなら断然Zaifですね。

イーサリアムの大きな特徴はビットコインの次に時価総額が高く、アプリケーションのプラットフォームとして利用できるのが大きなポイントです。ビットコインは決済システムに特化していますが、イーサリアムはビジネスと親和性の高い仕組み(ブロックチェーン)を持っています。

イーサリアムにはスマートコントラクトという技術が使われており、契約内容をネットワーク上で保存できるのがビットコインとの大きな違いです。

アルトコイン一つひとつに作られた目的があり、その背景や将来像がイメージできればファンダメンタルズでも投資判断できるようになるため、しっかり情報収集を行い勉強を継続していきたいですね。

リスク(LSK)

こちらはLiskの日足チャートです。

2017年2月頃はたったの10円ほどでしたが、10ヶ月後には約1,500円まで上昇しており、なんと150倍まで高騰しました。

リスクは、イーサリアムと同様に取引内容以外にも契約や条件をネットワーク上のブロックチェーンに記録できる分散型プラットフォームを採用しています。

イーサリアムとの大きな違いは、サイドブロックチェーンを持っていること、開発言語にJavaScriptが採用されていること、Liskの発行数が無限である点です。

JavaScriptはWebアプリケーションで使われるスタンダードな言語のため、Webエンジニアと非常に親和性が高い仮想通貨です。スタンダードな言語を利用できることは、Liskにとってバージョンアップの機会を提供し、さらに利便性の高い技術が生まれることも期待できます。

利便性が高まればLiskの技術を採用したい企業も増えるため、こうした期待からLiskが買われる可能性もあります。

リップル(XRP)

リップルはここ3日間で30円から約100円まで一気に暴騰したアルトコインです。2017年5月頃に一度50円まで上昇しましたが、そこから17円まで沈み約半年間ほど17円~30円のレンジを形成していました。

リップルの技術は非常に優れており、ビットコインより送金時間が圧倒的に早く金融機関が最も注目してるいます。私自身はつい最近リップルについて勉強を始めており、まだ多くを語れませんが世界の送金はいずれリップルに置き換わると確信しています。

日本にいるとあまり送金の重要性を感じませんが、いろいろな国の人が集まるところでは国際送金なくして生活できません。それだけ重要な国際送金は、現状コルレス銀行(中間銀行)を介して目的に銀行に送金を行っており、時間も手数料も非効率です。

そのストレスを大きく改革するのがリップルと思ってます。まだ黎明期の今だからこそ、今のうちに仕込んでいきたいですが、一度大きく調整すると考えているため、下がってきたところを徐々に買い付けていく戦略です。

NEM(ネム)

NEMも30円から一気に80円くらいまで上昇しています。NEMもリップルと同様、長らく20円~30円付近で停滞していましたが、ここ一週間で吹き上げましたね。私自身も53円でNEMを買い付けており、まだ保有しています。

NEMはcoincheckでも買えますが、取引所形式で買付できるZaifがお得と判断し、ZaifでNEMを買いました。

しかし!

売っちゃったんですよー(泣)

売った理由は購入量が少なく、仮に価格が上昇してもあまり儲けが出ないと判断したからです。レバレッジを掛けられないため、現物取引はやはりある程度まとまった軍資金が必要ですね。

レバレッジ取引なら小額でもワンチャンあるのでbitFlyerのビットコインFXに(Lightning FX)資金を一点集中しました。ビットコインFXは、レバレッジを掛けられるため、小額からでも一気に稼げる可能性があります。ただし、逆に大損するリスクもあるため、中長期的に取引するなら現物取引だなぁって思います。

ちなみにNEMは、ビットコインのように発行上限数が決まっており、電力消費量や送金時間も圧倒的にビットコインより優れています。また、Zaifが開発したCOMSAはNEMの技術を基盤に作られており、今後ますます注目されるであろうアルトコインと考えています。

MONA(モナコイン)

モナコインは当初400円付近でしたが、12/5・12/6のたったの2日間で一気に2,300円まで噴き上げました。そこから半値の1,200円付近まで調整が入り、1,500円前後で軟調に推移しています。

さて、ここからどのような価格形成をするか注目したい銘柄ですが、モナコインを買うなら1,250円あたりのサポートラインから買っていくのがテクニカル的な戦略となります。

モナコインは、Monapartyというプラットフォームで自分のオリジナルコインを作れたり、Twitter上でtipmonaというモナコインでチップを遅れたりと、開発が盛んなアルトコインです。

アルトコイン(草コイン)が上がる大切な要素は、安い価格帯で停滞している身も蓋もないことが意外と大きな理由だったりしますが、やはり本質的にはコミュニティが盛り上がっているかです。

コミュニティが盛り上がっているということは、注目度が高いからであって、見向きもされなかったら盛り上がることもありません。今後、モナコインの価値が上がるとしたらどういった理由・要素があるのか?記事にまとめたものがあるので参考までに今後のモナコインが上がる将来像とは?を張っておきます。

関連記事

  1. 【12/19】警戒せよ!繰り返す。警戒せよ!ビットコインは大きな調整がくるかもしれないぞ?天井サイン…

  2. 投資初心者が1万円(小額)から始めるビットコイン取引とおすすめ取引所

  3. ビットコイン暴落!今が買い時か!?でもロスカットくらいました(笑)

  4. ビットコインキャッシュ(BCH)が暴騰中!お得に買えるおすすめの取引所とは

  5. ビットコインは暴落から反発できるのか!?今後のビットコインと3月の取引を考察する

  6. ビットコインはここから上がれるのか?bitFlyerでヨコヨコレンジのブレイクを待とう

  7. ビットコインが大幅反発!底値を打ったのか?今後のビットコインについて考察

  8. 仮想通貨FX(ビットコイン)のレバレッジ取引が最大4倍に規制される!?

  9. 仮想通貨ビットコイン取引を始めるのはもう遅い?全くそんなことありません

BitMEXの登録はこちら

ハイレバレッジで一気に稼ぐならBitMEX

BitMEXの6ヶ月10%OFF延長

PAGE TOP