おすすめの取引所

投資初心者が1万円(小額)から始めるビットコイン取引とおすすめ取引所

最近話題の仮想通貨ビットコインですが、88万円の価格に到達し軟調に推移しています。これからビットコインを取引したいと考えている投資初心者が気になるのが「ビットコインって儲かるの?」ですよね。

ビットコインを取引するためには、仮想通貨を扱っている取引所に口座開設する必要があります。私はビットコイン取引を2017年6月頃から始めており、まだ数ヶ月しか経っていません。

その頃のビットコイン価格は、30万円前後をウロウロしており20万円(白枠)を割ったところから一気に吹き上げ今に至ります。

中国のビットコイン規制で大きな暴落後、そこから大きな調整なしで88万円に到達しました。たらればですが、もしも20万円のときに1BTC持っていたら68万円の含み益が出る計算です。10BTCなら680円ですね。(BTCとはビットコインの単位をです)

仮想通貨はまだまだ黎明期であり、これから社会的に認知されていけばビットコインを買いたい層が現れることで価格も上昇する可能性があります。

この流れに乗り遅れないように小額からでもビットコイン取引を始めて経験を積んでいきましょう。

小額からビットコイン取引できるおすすめの取引所

ビットコインには取引できる単位が決まっており、取引所で異なります。私が使っている取引所はbitFlyerとGMOコインの2つで、両方とも小額からビットコイン取引を始められるようになっています。

値幅と取引単位の関係によって利益額・損失額が変わってきます。投資初心者もしくはビットコイン取引が初めてという人は、ビットコインのボラティリティを考慮すると「0.1BTC」を上限に取引するのがおすすめです。

値幅0.01BTC0.1BTC1BTC
1,000101001,000
10,0001001,00010,000
100,0001,00010,000100,000

そして取引単位とレバレッジごとに必要となる証拠金は下記のとおりです。

レバレッジbitFlyerGMOコイン0.01BTC0.1BTC1BTC
17,70077,000770,000
23,85038,500385,000
32,56725,667256,667
51,54015,400154,000
107707,70077,000
155135,13351,333
203853,85038,500
253083,08030,800

必要証拠金とはFXでおなじみの用語ですが、(現在値 × 取引単位) ÷ レバレッジで算出し、最低限口座に預入れておく必要のあるお金です。

もしも1万円からビットコイン取引を始めるならレバレッジを10倍以上に設定することで0.1BTCの取引が可能です。

ビットコインの価格変動は非常に激しいため、数万円動くことは普通にあります。ビットコイン価格が5万円動いた場合、0.1BTCで±5,000円(利益または損失)の金額が動きます。

ハイリスク・ハイリターンで一気に稼ぎたい人はレバレッジ取引

初心者にはおすすめしない取引方法ですが、一攫千金を狙ったハイリスク・ハイリターンのレバレッジ取引があります。

私はこれでおもいっきり痛い目に遭い、軍資金がもはや風前の灯です。原因は、激しいボラティリティによるロスカットの連発です。

フルレバで取引すると当然余力(維持率)も低くなるので、ロスカットの水準まであっという間に届いてしまいます。地震で例えると、方向感は合っているものの本震が来る前の余震でフルボッコにされる感じです。

ボラティリティが激しいビットコインをどのように攻略するか?

その一つの答えが取引数量のコントロールです。数量を抑えれば、値動きが激しかろうが動くお金(利益・損失)は少ないので、ロスカットもされません。

このような経験から今私が検証しているのが余力に余裕を持たせたトレードです。基本的なチャート分析はできる自負があるので、あとは資金管理を上手にコントロールすれば毎月ちゃりんちゃりんお金を稼げると確信しています。この点は取引レポートで証明していくしかありませんね

日々の値動きで精神を消耗したくないなら現物取引

やはりレバレッジ取引はメンタルが消耗します。ビットコインは為替市場と違って24時間365日動き続けます。

年がら年中取引できるのはありがたいですが、精神の休暇も必要です。ただ、平日忙しいサラリーマンや主婦の副業として取り組むならFXよりも土日でも取引ができるビットコインの方がやりやすいかもしれませんね。

bitFlyerとGMOコインは、レバレッジ取引以外に現物取引も扱っています。現物取引の場合、レバレッジが効かないため、あらかじめ必要となる元本を多く用意する必要があります。

例えば、ビットコインの現在値が77万円の場合

  • 0.01BTCに必要な金額は7,700円~
  • 0.1BTCに必要な金額は77,000円~
  • 1BTCに必要な金額は770,000円~

つまり、レバレッジ1倍と同じ金額(元本)を口座に用意しなければなりません。現物取引は、多めに資金を用意する必要があるのがデメリットです。また、暴落時の値幅も取れないのもデメリットですね。

一方、ロスカットは発生しないので日々の激しい値動きに翻弄されず、冷静に取引できるのがメリットです。

レバレッジ取引と現物取引のメリット・デメリットをまとめると

取引の種類メリットデメリット
現物取引
・ロスカットされない
・激しい値動きに翻弄されない
・証拠金やレバレッジ等の面倒な計算がない
・分裂後のコインがタダで手に入る
・多めの元本が必要になる(資金効率が悪い)
・下落時や暴落時の値幅が獲れない
レバレッジ取引
・下落時や暴落時も利益チャンスがある
・資金効率が良いため小額から取引できる
・一攫千金のチャンス
・ハイリスク
・精神を激しく消耗する

まったりコツコツやるならZaifの積立コインがおすすめ

投資初心者ならZaifの積立コインもおすすめです。積立コインは、ドルコスト平均法で買値を平均化する注文方法ですが、自分が設定した内容で定期買付を行い、ビットコインをコツコツ積立ます。

Zaifの積立コインは下記の記事が参考になります。

[blogcard url=”http://card.fregrancy.net/?p=9917″]

 

取引ツールが使いやすい取引所

取引がしやすい環境を整えることは非常に大切です。bitFlyerは、ビットコイン取引の初心者におすすめの取引所ですが、取引ツールの使いやすさはGMOコインが圧倒的に良いです。

スマホアプリも各社出していますが、洗練されているのはGMOコインだけです。GMOコインは、GMOクリック証券(ホールディングス)のグループですが、FX取引の強みを仮想通貨に活かしていますね。

この記事を書いている最中にビットコインが下落(-3.15%)してますね。70万円ジャストから買い参入する予定です。それまではショートポジションホールドかな。

1時間足

関連記事

  1. 【12/17】ビットコインが高すぎて買えない!という方はアルトコインにも目を向けてみよう

  2. 仮想通貨FX(ビットコイン)のレバレッジ取引が最大4倍に規制される!?

  3. ビットコインはここから上がれるのか?bitFlyerでヨコヨコレンジのブレイクを待とう

  4. これからのビットコイン相場は買い一辺倒では勝てない!本物の技術が求められる時代へ

  5. ビットコインのボラティリティがなさすぎてもはや閑古鳥が鳴いている相場

  6. ビットコインの反転上昇は近い!?複数の時間足で底値のテクニカルサイン

  7. ビットコイン暴落!今が買い時か!?でもロスカットくらいました(笑)

  8. レンジトレードの基本とは?セリクラ来そうで来ないジラシ相場のビットコインはレンジで推移

  9. ビットコインキャッシュ(BCH)が暴騰中!お得に買えるおすすめの取引所とは

BitMEXの登録はこちら

ハイレバレッジで一気に稼ぐならBitMEX

BitMEXの6ヶ月10%OFF延長

PAGE TOP