おすすめの取引所

  • CFD

ゴールドは三角保ち合いをブレイクして上昇トレンド再開なるか!?

2016年4月28日 22:00時点のゴールドチャートのテクニカル分析レポートです。本日の12:00頃、日銀が金融緩和政策を現状維持を発表してから、ドル円は一気に3円50銭も円高になりました。

その動きを受け、ゴールド(金ドル)は急騰しました。

ゴールドチャートのテクニカル分析レポート

日足チャートの三角保ち合いブレイクなるか!?

20160428-金-日足

※チャートは、GMOクリック証券のプラチナチャートです。

4/28の終値でローソク足の実体が上昇ペナント型の三角保ち合いをブレイクすれば、1,300ドルを目指す流れに発展しそうです。

現時点でブレイクしたと判断する材料は、4時間足のレンジを抜けてからになります。

20160428-金-4時間足

レンジブレイクの前兆をキャッチする

レンジブレイクの前兆として、レンジ内で安値(高値)の切り上げ(切り下げ)があります。

20160428-金-4時間足-2

あくまでもブレイクしやすい傾向があるというだけで、断言はできません。ただし、ゴールドはアメリカのドル安政策を背景に今後も上昇を続ける可能性はあります。

テクニカル的にもファンダメンタル的にもゴールドは買いであると判断しています。

週足チャートを見ると売り方勢は下げきれなかった

週足(4/18~4/22)の終値を見ると、塔婆(トウバ)が出現しました。つまり、売り方勢は下げきれなかったと見ることができ、下への流れが止まった(転換)と判断します。

このあとは、しばらく保ち合いが続くのか、あるいは新たな流れが出始めるのかと言ったところです。

20160428-金-週足

月足チャートを見て2016年4月は下げの転換かと思っていた

赤枠の箇所を見るとちょうどトレンドラインのポイントに当たっていることが分かります。そのポイントで寄せ線(転換サイン)が出現し、2016年4月の初月は下げの始りかと思っていました。

20160428-金-月足

しかし、私が想像した動きはせず、1,210ドルあたりで足場が固まり、その後は1,220~1,260のレンジが続いています。

どうやらゴールドマーケットは、下げたがっていないようです。

今週のゴールドは、上昇トレンドにつながる動きになるのか、あるいはまだ保ち合い(レンジ)を続けるのか、目が離せません。なお、ゴールドを取引するならGMOクリック証券がおすすめです。

関連記事

  1. 月間売買ランキングから分かる!いま注目されてるCFD銘柄は?

  2. 株価指数CFD のNYダウが力強いトレンドを形成中!みんな乗り遅れるな!テクニカル分析の解説付きです…

  3. マネーパートナーズのCFD取引ツールは今後の改善に期待

  4. デイトレーダーならボラティリティがある原油がおすすめ

  5. サラリーマンが日経225を取引するならクリック証券のCFD口座がおすすめ

  6. 過去4ヶ月のFXとCFDの取引で10万円稼げた取引手法を大公開!

  7. OPECで8年ぶりの原油減産合意で60ドル到達なるか!?

  8. 原油価格が1バレル50ドル突破!

  9. 2017年のNY金(ゴールド)は今後上がるの?下がるの?米国の長期金利と逆相関を描くゴールドの行方

BitMEXの登録はこちら

ハイレバレッジで一気に稼ぐならBitMEX

BitMEXの6ヶ月10%OFF延長

PAGE TOP